さんまが「出川の充電させて」で34年ぶりにテレ東降臨!/(C)テレビ東京

写真拡大

テレビ東京ほかで7月14日(土)に放送される「出川哲朗の充電させてもらえませんか?スペシャル」に、明石家さんまが出演することが分かった。

【写真を見る】出川とさんまは、山形で触れ合いロケを敢行する/(C)テレビ東京

明石家さんまがテレ東に出演するのは、「サタデーナイトショー」(1981年〜1984年)以来、実に34年ぶりのこととなる。

しかも、ロケ地は山形県。さんまが地方へロケに向かう珍しい姿も見られる。

今回、テレビの歴史を揺るがす大事件といっても過言ではないさんま出演には、かなりの紆余曲折があったようだ。

■ 奇跡のさんまテレ東出演!までの軌跡

出川哲朗は、今年放送のお正月特番「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル」(TBS系)にゲスト出演。その時のエンディングトークで、さんまがゲストへ向けて「みんなの夢はなんや?」と話を振ったことがきっかけだった。

「ちょっと生々しい夢言ってもいいですか?」と手を挙げた出川は、「他局なんですが…充電バイクで旅する番組をやらせてもらっていて、さんまさんになんとかゲストで出てもらいたいんです!」と懇願。

すると、さんまがすかさず「おまえ、それ絶対オファーすんなよっ」と5回くらい言ったのだという。

後日この話を出川本人の口から聞いた充電スタッフは、色めき立ちながらも「いや絶対ないですって…さんまさんがテレ東に出るワケないじゃないですかっ」と半信半疑。

しかし、出川は「いや、でも5回言ったんだよ。5回。普通言わないでしょ5回は…ひょっとしたら」と返し、「ありえないです。でも…確かにひょっとしてフリかも?」と全員がどよめく。

「だよね。フリだよね!」と確信した出川は、「もう一度、番組で一緒になった時に確認してみよう」と決めたそう。

■ 出川哲朗、再びさんまに会うも噛む

それからしばらくした後、出川は「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)にゲスト出演する。

収録中に話の流れから…今だ!と出演オファーを切り出した出川だが「ボクのバイクで旅する番組にゲストで出てもら…」と言おうすると、肝心なところで噛んでしまってズルズルに。さんまも「おまえ、なんや」と真顔でスルーする珍事に。

後日、充電スタッフに「ゴメン噛んじゃった。スルーされちゃったから…やっぱりさんまさんダメだ」と肩を落とし落ち込みながら報告した出川。「そりゃーそうです。34年も出ていないさんまさんが、突然出るなんて」とスタッフと共に慰めあったのだそう。

しかし、この後驚くべき事実が。「踊る!さんま御殿!!」にまたまたゲスト出演した出川が、さんまの元へ挨拶に行くと…さんまから「おまえ、ぜんぜんオファーしてけーへんやないか」と声を掛けられる。

「えーっ!?どういうことですか?」と戸惑う出川。なんと、前回の「踊る!さんま御殿!!」の収録直後に、さんまは出川へ「でるよ」とのメールを打っていたのだが…そのメールがさんまの携帯電話から送信されていなかったという、まさかの出来事が発覚したのだ。

と、いった経緯で無事に今回、34年ぶりにテレビ東京への出演が実現することになったのだそう。

■ 出川哲朗といえばやっぱりドッキリだった

こうしてやっと決まった「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」明石家さんま出演だったが、34年ぶりにさんまがテレ東に出演する…というまたとない機会に、番組とさんまがタッグを組み、出川にドッキリを仕掛けることに。

今回出川たってのお願いで出演がかなったこともあり、「さんまさんはいつ出るのか?」と出川から何度も探りが入ったが、スタッフはかたくなに首を傾げ続ける。

“東京から3時間半かかる山形までさすがに来ないだろう”という出川の考えを逆手に取り、出演情報は出川がロケでさんまと出会うまで完全極秘にしたのだという。

さんま出演回のロケ前には、ダミーで「ゲストはみやぞん」と伝えた上に、情報が漏れることがないよう、みやぞんのマネージャーとも協力し、みやぞん本人にも “充電旅のゲスト”だと伝え信じ込ませる、徹底したドッキリを敢行。

山形の“行列ができる団子屋さん”でスイカヘルメットを発見した出川が、さんまが振り向いた瞬間に、腰を抜かし崩れ落ちるリアクションは、本物の“リアクション芸”が見られること請け合いだ。

そしてロケ中には、「出川が出てくれ言うた時…テレ東の番組やと分からなかって!」と、さんまが実はテレ東だと気づかず“勘違いから出演する”と言ってしまい引き下がれなくなったことも判明。

さらに“34年間テレビ東京に出演しなかった理由”も語るという。電動バイクのバッテリー残量を尋ねた出川に「18%」のところ「あ、ちゃう、18パァ〜や」と“パーデンネン”仕様で返すところも、「充電させてもらえませんか?」とさんまが一般のお宅へ突然お邪魔し驚く様子も必見だ。

お笑い界の頂点に君臨する“お笑いモンスター”明石家さんまのまさかのゲスト出演に、出川は「夢のようなひとときでした」と感謝しきりだったそうだ。

■ プロデューサーも肌で感じた、明石家さんまが頂点に立つ理由

番組プロデューサー・平山大吾氏も、今回の明石家さんま出演について下記のようにコメントしている。

テレビ東京では一生出会うことのない方だと思っていたので、さんまさんの34年ぶりのご出演本当にうれしく思っております。夢のような存在でしたので、打ち合わせに伺った際、本当に存在していたことに正直驚きました。

今回出川さんから、「さんまさんは関東近辺しかロケしないから、とにかく千葉か神奈川あたりの近くにするように」と強く言われていたので関東ルート案も持って行ったのですが、オモシロイのはコッチと希望していた山形ルートを「ええよ」とさらっと快諾いただき。

「山形はロケのハズレがないんや」とまで言ってもらったのがとてもうれしく。初めてのスタッフにもかかわらず…片道3時間半、往復7時間の道のりを来ていただき、本当に申し訳ないやらありがたいやらでした。

さんまさんが、走行中常に「あいよ〜」「お疲れさん」「バイバイ〜」と出川さんよりも通る声で沿道の方全てに声をかけていたのがとんでもなく、そのうち沿道の人が「さんまさーん」と声をかける前に、そぶりを見せたと思ったら瞬間に「あいよ〜」と言っていたのがすごすぎると。

また話している人がいたら「何がや」と全部拾って5時間半ずっとしゃべり倒し続ける姿は、正直うわさに聞き想像していた以上で、“お笑い界の頂点に立ち続ける真の理由”を肌で感じることができました。

放送が2時間半なので全て入りきらないのが本当に申し訳ございません。また、さんまさんがしゃべり倒したためにロッチ中岡さんの出番が短くなってしまったことも、この場を借りてお詫びしたいと思います。ゲストでしかもロケというさんまさんの普段見られないレアな姿をどうぞお楽しみに!!(ザテレビジョン)