ウナギの食べられる部分を増やす「太化」 価格高騰の抑制効果も

ざっくり言うと

  • ウナギの食べられる部分を増やす「太化」の取り組みが、国内で広がっている
  • 養殖期間を1年半から2年程度に延ばして、従来の2倍の大きさに育てるという
  • 太化が定着すれば、不漁などによる価格高騰を抑制する効果も見込めるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング