20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、千葉県の自宅でフリーランスのコーダーとして働いている立花映美さん(仮名・37歳)。黒髪の胸までありそうなストレートヘアをきつめに1つに束ね、くっきりと浮かび上がる頭の形や顔のラインはきれいな卵型をしています。化粧気はあまり感じないものの、目鼻立ちははっきりしている美人な女性です。服装はファストファッションの白のTシャツに、ベージュのワイドパンツを履いており、足元はスニーカーながら身長は170センチを超えています。美人でモデル体型の映美さんのセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で両親と2歳下の妹との4人家族です。両親には溺愛されましたね。欲しいものは何でも買ってくれたし、怒られた記憶があんまり残ってないですね。やりたいことを自由にさせてもらいました。でも、妹とは昔から仲が良くないんです。小さい頃から意見が合わなくて、私から見ると妹は真面目過ぎて面白さがないんですよ。あっちから見ると軽薄そうに見えるんじゃないですかね。服の貸し借りなんてものも一切行なったことがないです。私のお古を彼女が着ることもなかったですから。彼女はすでに結婚して地方に住んでいるので、今は会うことはあまりなくなりましたが」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学2年生の時です。陸上部に所属していたんですが、相手は同じ部の同級生です。同じ短距離の種目だったので、仲良くなって告白されて付き合いました。彼は坊主頭で身長が低くて、華奢な子で見た目はちっともカッコ良くなかったんですが、一緒にいて楽しかったんです。当時は携帯なんてなかったので、家に電話をかける時にドキドキした記憶がありますね。彼とは私が高校生になってもしばらく続いたんですが、結局自然消滅してしまいました」

高校、大学では派手な生活を送っていたと言います。

「中学までそこまでオシャレに興味がなかったんですが、高校から仲良くなった友達の影響で絵に描いたようなコギャルでしたね。髪の毛も茶髪にして、ルーズソックスを履いて。見た目重視でカッコいい男性と付き合っていました。顔ばかり気にしていたので、どの人も性格がちっとも合わなくて。高校時代は長くても4か月くらいしか続かなかったですね。

大学では恰好は少しだけ落ち着いたんですが、お酒が飲めるようになった後はクラブなどに通うようになりました。大学でも実家だったんで、夜中まで東京で遊んだ後にタクシーで帰るお金なんてないんですよ。なので、東京で一人暮らしをしている友人を何人か見繕って、週末にはその人たちの家で始発まで過ごすような生活をしていました。大学でも彼氏はできたものの続かなくて……。毎年違う人とクリスマスのイベントなどを過ごしていました」

派手な友人、恋人付き合いに疲れた時に出会った同級生の彼

大学を卒業後は、アルバイトでサンプリングなどのキャンペーンスタッフをしていたそうです。

「就職活動に失敗したんです。失敗というか、そこまで真剣に活動はしていなかったんですが。在学中に、アルバイトで新商品を街頭で配ったり、マイクを持って商品の告知をしたりしていたんです。日給で当時1万以上もらえたんですよ。そこで知り合った人の紹介で、イベントコンパニオンの仕事を本格的に始めました。事務所に所属して、仕事内容はほぼ同じなんですが、周りが派手な子ばかりで私の人生で一番見た目に気を使っていた時期だと思います」

その後も男性とは付き合うものの、続かず。そんな中、中学時代の同窓会でクラスメートの1人と恋愛関係に発展します。

「派手な友人の紹介で付き合う人は遊び人が多く、真面目な付き合いはまったくできませんでしたね。悪びれる感じもなく浮気するようなタイプばかりでした。そんな時、中学の同窓会が開かれたんです。大規模なものではなく仲良かった人たちだけで集まろうみたいなもので、そこで3年の時のクラスメートと再会しました。当時はまったく印象もなくて覚えていなかったんですが、社会人になった彼は身長も180センチぐらいで、名前を聞いたことのある有名企業に勤めているエリートになっていたんです。彼とはすぐに意気投合して、付き合うことになり、交際期間1年弱で結婚しました。当時は結婚のことをあまり深く考えていなかったんです。そして離婚のことも。30代になってから彼との復縁を望むようになるなんて、まったく」

すれる前の純粋な中学時代を思い出し、彼への恋心は膨らんでいったそうです。

中学時代の同級生と結婚生活は思っていたより楽しくなかった。軽い気持ちで選んだ離婚を、後悔し続けることになり……。〜その2〜に続きます。