仕事がデキる女は恋愛もうまくいっているかっこいい大人の女性というイメージですよね。みんなに頼りにされるデキる女になるには「ある習慣」を欠かさないことが前提条件。その習慣とはいったい何でしょうか。

デキる女は「すぐやる」!

デキる女が欠かさない習慣。それは「すぐにやる」こと、ただひとつ。もちろんすぐにやらなければならないことはすぐにやるのが当然ですが、デキる女は「今やらなくてもいいけど、いつかはやらなければならないこと」をすぐにやるのです。

後回しにするのはデメリットしかない

「この書類は締め切りが1週間後だからまだ手をつけなくてもいいや」、「飲み会の出欠の返事の締め切りは来週だからそれまでに考えよう」と、緊急性のないことをつい後回しにしていませんか? 後回しにすることはデメリットしかないということをよく覚えておきましょう。
後回しにすると「忘れる」というリスクがいつまでもつきまといます。メモをしておいてもそのメモをなくすと、もう忘れてしまいますよね。アプリでリマインドしておいても、何らかの理由でリマインドを見落とすことも考えられます。
また、後回しにした仕事が全部後に溜まってしまい、結局時間に追われることになってしまうというのも大きなデメリットですね。そのときに「すぐにやっておけばよかった」と後悔する人も多いのではないでしょうか。

すぐやるための決断力

すぐにやる、すぐに決めるためには強い決断力が必要です。しかもその即決した決断にミスがないことも非常に重要。
求められるのは、直感で決めるというよりは頭の中であらゆる情報を整理して現時点での最適解を見つけ出す決断力です。すぐにやるデキる女はこの決断力を持っているのです。
決断力を高めるためには、まずは周囲の情報にアンテナを張ることが大切。自分には関係なさそうな情報でも、とりあえず仕入れておくことも重要です。情報を仕入れると同時に周囲の状況にも気を配る訓練をしたいですね。

優先順位を決めるのも決断力

すぐにやる! と決めても、タスクの優先順位を誤ってはいけません。重要度と緊急度を天秤にかけて的確な優先順位を決めることも重要です。ここでも決断力が役に立ちます。デキる女はこういった決断力を持って、向かってくるたくさんの事案を捌いているのです。

デキる女の習慣についてご紹介しました。すぐにやる習慣をつけるには、まずは決断力を磨く必要があります。優柔不断だと自覚がある人は、まずランチのメニューから「すぐに決めて失敗しない」ことを目標にトレーニングしてみてはいかがでしょうか。