雨でジメジメするこの季節。何をするにもやる気が起きず、テンションが下がりがちな人も多いのでは? でもみんなが鬱陶しく感じるこの季節だからこそ、ほかの人と差をつけることができる場合も。
そこで今回は「雨でもキラキラしている女性の特徴」についてご紹介します。

1. とにかく明るい

・ 「雨の日って自然とダルい気持ちになる。実際に職場の子も『雨だとやる気起きないですよね』と言ってくるし。でもどんなときでも笑顔で明るい社員もいて、その子と一緒だと自然と元気になれます」(30代/男性/営業)

▽ 季節関係なく、いつも通り明るい人は魅力的なもの。こういう些細なところから、好意を持ってもらえることもありそうです。雨の日こそ「今日も1日頑張ろう!」と自分に喝を入れるのも良さそうですね。

2. かわいいレイングッズ

・ 「傘や長靴ってそこまで頻繁に使うものではないので、安いものを適当に選んでいた。でも友達はオシャレなレインブーツを履いていて、『さすがだな〜』と思っちゃいました」(20代/女性/一般事務)

▽ 「どうせ汚れちゃうんだし……」と、ビニール傘などを使っている人はいませんか? もちろん機能としてはそれで充分なのですが、ちょっとだけレイングッズにこだわってみるのも方法です。自分のモチベーションも上がって、雨の日が楽しくなるかもしれませんよ。

3. スッキリしたヘアスタイル

・ 「この季節に髪の毛を下ろしていると、ちょっと暑苦しく感じるときもありますね」(20代/男性/通信)

・ 「梅雨の時期は髪を巻いても取れてしまうので、携帯用のコテで頻繁に直していた。でもそれも面倒になって、思い切って髪をクリップで留めたアップスタイルにしたんです。そしたら『その髪型良いじゃん』と思いのほか褒められました」(20代/女性/電話応対)

▽ ジメっとした梅雨の季節は、見た目も大事になってきます。また濡れた髪をそのまま放置しておくのは、だらしがない印象にもつながってしまうでしょう。潔くアップスタイルにしたほうが、さわやかでスッキリした女性になれそうです。

4. 季節感を重視したデート

・ 「『デートの日、雨みたいだけれどどうする?』と聞いたら、『じゃあ鎌倉に行こうよ!』と言ってくれた。不機嫌にならないでくれるのは本当にありがたい!」(30代/男性/福祉)

▽ 雨の日のデートは億劫になりがち。そのため雨だとわかった途端、デートをドタキャンしたり、不機嫌になる女性もいるようです。でもそれでは彼を困らせるだけになってしまいます。キラキラしている女性は、どんな時でも物事を楽しめるのが特徴です。ここはあえてこの時期にしかできないデートを提案するのがベストでしょう。

心までジメジメしがちなこの季節。天候に左右されず、どんなときでも楽しさを忘れないことが、キラキラ女子でいる秘訣のようですね。