いい恋愛をするための重要な存在というのが、あなたの「友達」です。女性は友達に恋の相談をすることも多いので、影響も強く受けるものです。

写真拡大

いい恋愛をするためのキーパーソンは「友達」!

いい恋愛をするために重要な存在というのが、あなたの「友達」です。基本、女性の多くは、恋愛で何か進展や問題があると、親しい友達に相談することが多いですし、結果、その友達のアドバイスの影響も強く受けるものだからです。

だからこそ、「いい恋愛をしたければ、いい友達が傍にいることが重要」だとも言えるのです。では、どんな友達がいると、いい恋愛に導いてくれるのでしょうか?

いい友達1:本当の愛と魅力を分かっている人

基本、自分の恋愛観が親しい友達と似てくることはよくあることです。

もし仲のいい友達が、「お金持ちの男性としか恋愛したくない」「エリートサラリーマンとしか付き合わない」「イケメンじゃないと、嫌」など、上っ面のスペックだけで男性を判断する人だったりすると、自分も段々、その影響を受けてしまうこともあります。

彼女が持ってきてくれる合コン話も、そういった男性が集まるような会が多くなるでしょうしね。

でも、そんな上っ面の魅力しか見られない女性と結びつく男性というのも、同じく薄っぺらい人であることは多いもの。

逆に、もし「人としての本当の魅力」が分かっている男性であれば、内面的な魅力よりもスペックばかり見るような女性に対して、不愉快な気持ちになるはずです。

そんな女性に対して、何とも思わないどころか、付き合おうと思えるような男性なのであれば、ある意味、似た者同士であり、“残念カップル”でしょう。

さらに言うと、そういうタイプの男性、女性は、さらに上のスペックの人が現れると、さっさと乗り換えることも少なくありません。そんな恋愛ばかりをして、本当に幸せか?というと、そんなことはないはず。本当の意味で「人を愛すること」を分かっていないですしね。

また友達が「(単に)体を求められることが、女としての魅力がある証拠であり、愛されているのだ」と勘違いして、色々な男性と関係を持ち、“恋多き女”ぶっていると、自分も影響を受けて、軽い女性になってしまうこともあります。

そんな人は、できることなら、親身になって、男の本音を教えてくれる“男友達”を作った方がいいでしょう。女性同士では、男ゴコロが分からないところもありますしね。

意外と女性は、男性の口車に乗って遊ばれているにも関わらず、都合のいい解釈をしがちなところがあるので、気を付けた方がいいでしょう。

良くも悪くも人は、近しい友達の価値観に影響を受けるものなので、できることなら人の内面の魅力をきちんと見られる人や、愛とはどういうものか?を知っている人と友達になった方が、自分もいい恋愛ができるものですよ。

いい友達2:一緒に向上していける人

だいたい人が悪いことに手を染めるときは、友達の影響を受けていることも少なくないもの。はじめは抵抗があったとしても「友達もやっているから、いっか!」となってしまうからです。

例えば、不倫をする主婦というのも、「友達の既婚者もやっているし、自分もバレなきゃいいや」と思って、婚外恋愛をしてしまうことも少なくありません。

あるセレブな街では、主婦たちがグループを組んで、男性に合コンを持ちかけ、不倫のチャンスを狙っているなんて話を聞いたことがあります。まさに、「みんなで不倫をすれば、怖くない」という心理なのでしょう。

ただし、バレれば、自分だけが離婚になることもありますけどね。

親しい友達とは、お互いに影響を受け合うものなので、魅力的な人と付き合えば、その分、触発されて、自分もがんばろうと向上していけるものですし、逆に、ズルイことばかりしている友達と仲良くしていると、「自分もズルイことをしても、いっか!」と堕落してしまう傾向があります。

基本、誰の心の中にも光と闇はあります。闇の方は下り坂のようなもので、進むのは容易く、しかもそっちは意外にも“甘美さ”を味わわせてくれるようなことが多いので(※その後は、地獄が待っていますが)、よほど理性がないと、転げ落ちていきやすいものなのです。

逆に、光の方は上り坂のようなもので、進むためにはそれだけのエネルギーが必要ですし、時として自己の成長に伴う苦しみもあります。でも、そっちに進んだときは、心が鍛え上げられる分、より楽に生きていけるようになることも多々あります。

心を光の方にひっぱっていってくれる友達と付き合うと、自分の魅力も上がりますが、逆に闇の方に誘惑する友達とつるんでいると、人として残念な人になってしまうことは、よくあること。

恋愛は「波長が合う人」と結びつきやすいものなので、自分の内面が成長し、波長がよくなればなるほど、それだけいい人と出会いやすくなります。逆に、ズルイ人間でいると、同じくズルイ人とご縁ができやすくなります。

だから、いい友達の影響を受けて、自分も成長した方がいいのです。素敵な人とご縁ができるためにも、心が清々しい人でいましょうね。

いい友達3:きちんと叱ってくれる人

いい時ばかり仲良くしてくれる友達なんて、真の友ではありません。自分が間違った方向に進みそうなときは、しっかり叱ってくれ、いい方向に導いてくれる人こそ、いい友達と言えるのです。

そこには、「本当の優しさを持っているのか?」も問われます。真の優しさがない人は、相手に直した方がいい欠点があっても、許してばかりいます。自分が嫌われたくないからです。

でも、本当の優しさがある人は、自分が相手に嫌われるかどうかなんて気にしないで、ただただ友達のために、間違っていることはしっかり指摘してくれます。

誰もが皆、時として過ちを起こすことがあります。誘惑に負けて、進むべき道から逸れてしまうこともあります。そんなときこそ、本気で叱ってくれる友達がいるというのは、人生においてとてもありがたいことなのです。

ただし、もちろん友達とはいえ、他人の人生にはそこまで関与できないこともあります。時には、友達自身が一度は失敗してみないと分からないこともありますしね。

逆に、正しさばかり押し付ける行為というのも、それはそれでエゴが含まれていることも少なくありません。心の底では、嫉妬心があり、「あなたばかり、いい思いをしてズルい!」と思っているから反対しているだけ、なんてこともあります。

だから、自分自身も友達に対しては、なるべく「相手の幸せ」という視点からその状況をきちんと見た上で、相手が間違った方向に進みそうなときは、自分の意見をきちんと言うことが大事。

仮に相手がそれに従わなかったとしても、遠くから見守り、友達がそれで失敗し、反省し、苦しんでいるときには、手を差し伸べられるような人でいたいものですよね。

特に恋愛では、人は盲目になりがちです。時として不幸になりそうな相手と付き合ってしまっていても、好きという気持ちから、相手の許しがたい行為まで目をつぶってしまうこともあります。

そんなときこそ、いい友達が傍にいてくれたら、「あの人と付き合っていると、幸せになれないよ?」と忠告してくれるはずです。あなた自身も信頼している友達の言葉だからこそ、心に刺さり、目が覚めることもあるでしょうしね。

いい恋愛をしたければ、いい友達を!

「いい恋愛をしたければ、いい友達を持つべし!」と言っても過言ではありません。素敵な友達はあなたを魅力的に成長させてくれ、幸せな恋愛ができるように応援してくれます。

恋愛と同じように友達というのも、人生において重要な存在です。もちろん、あなた自身も相手にとっていい友達にならなくてはいけません。一緒にいることで、お互いに磨き合える友達を持ちましょうね。
(文:ひかり )