18日に起きた大阪府北部地震で、死亡したとされた5人のうち、高槻市の81歳の女性が地震の前に病気で亡くなっていたことが分かった。今回の地震による死者は1人減って4人となった。NHKニュースが報じた。

高槻市は、救急隊が駆けつけた際に女性がタンスの下敷きになって倒れていたことから、地震で死亡した可能性が高いと見ていた。

大阪北部地震の死者 5人から4人に 1人が病死と判明(NHKニュース)