「人にはできる限り優しくありたい」。そう思ってはいるものの、小さなことについついムカっときてしまったり、文句を言ってしまったり、「私って小さいな〜」って思うときがありますよね。
そこで今回は、「私って小さい奴だな……」と思わず自分を嫌いになりそうな瞬間5選をご紹介したいと思います。

1. ハザードを気にする

「車線変更してくる車をいれてあげたのに、ハザードをたいてくれなかった。そのことを気にしてイライラしていたら、彼に『小さい奴〜』と言われた」(20代/医療事務)

▽ ハザードを気にする女の人はけっこう多いですよね。ほんとにちょっとしたことなんですが、そのちょっとしたことが女は気になる! でも、男の人にしたら「小さい女」になってしまうのかもしれません……。

2. 性格がいい子を見ると疑う

「性格がいい子を見ると、『あの子、絶対つくってる』と、どうしても疑ってしまう自分が小さすぎて嫌いになりそう」(20代/受付)

▽ あまりにも性格がいいと逆に疑ってしまう気持ち、わかりますよね。でも、あまり疑いすぎると今度は誰も信じられなくなってしまうので、警戒しつつも、疑いすぎには注意したほうがいいかもしれないですね!

3. 友達のキラキラSNSに文句

「キラキラなことばかりアップしている友達のSNSを見て、『うそくさい〜』とか、ついつい難癖をつけてるとき、自分の小ささを感じる」(30代/秘書)

▽ 今の時代、SNSがキラキラしている女子がいるのは当然といえば当然かもしれません。見ないようにするか、むしろ「おもしろい」と思えば、難癖つけなくてすむかも!

4. かわいい子は性格が悪いと決めつける

「かわいい子は『性格悪い』と決めつけてる私は超小さい女です(笑)」(20代/事務員)

▽ 漫画やドラマだと、「かわいいキャラクターは性格悪い」が定番ですが、意外と、顔よし性格よしの最強女子は実在しているんですよね(ちょっと悔しいですが……)。「かわいい」のフィルターを外して接してみるよう、心がけたいところ!

5. 同僚の成功を素直に喜べない

「同僚の子が売り上げノルマを達成したとき、素直に喜べなかった。逆に彼女が成績悪いなか私がノルマ達成したとき、彼女はすごい喜んでくれて……。本当に自分が嫌いなりそうだった」(30代/不動産営業)

▽ どんな状況でも相手の成功を喜べる人を見ると、自分の小ささを感じてしまいますよね。でも、あまり自分を責めないことが大切。それよりも、「次こそは相手の成功を喜ぼう!」って思うことのほうがずっとずっと大切です!

まとめ

いかがでしたか? どんなときも人に優しくいられるわけではないので、ときにはちょっとひねくれちゃうことだってあります。あまり人のことは気にせず、マイペースに生きていくことが、穏やかに生きていける最大のコツかもしれません。