「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、マタニティー用品やベビー向け商品を扱う専門店で販売員として働いている加奈子さん(仮名・32歳)。

加奈子さんは肩までの黒髪のボブに、目元はマスカラを塗っただけのナチュラルなアイメイク、口元には薄つきのピンク色の口紅が塗られていた。職場では決められた服装規定がありシャツやスーツ姿で過ごすため、普段着は明るめの柄を好んで着ていると言う。白のリブカットソーの上には、黄色のカーディガン、紺色のフレアスカートを合わせ、籐のかごバッグを持っているその姿は、どこか少女っぽさを醸しだしている。彼女は3年前から一人暮らしをし、ペットのトイプードルと同居し始めた。

「休日は、友達のミニバンに乗せてもらって大型のホームセンターに連れて行ってもらうのが楽しみなんです。ペットが生きがいなので、ペットグッズをそこで買い込むのがストレス発散法です」

加奈子さんは東京都東村山市出身、精密機械の工場に勤めていた父と、スーパーのレジのバイトをしていた母の3人家族。両親ともに東京出身のため、祖父母の家も近くにある環境で育った。そのため、帰省などで別の土地に帰る友人をうらやましく思ったこともある。

両親は共働きだったため、彼女は0歳から保育園に預けられていた。保育園で一緒だった子は、そのまま地元の小学校、中学校に進学をしたため、なかには赤ちゃんの頃から15年間同じ学校で過ごした同級生もいた。子供のころから人見知りをせずに明るい性格だったため、学校生活でもいじめや仲間外れというようなトラブルに遭うことはなかった。地元は生活圏が近いため、休みの日もスーパーや繁華街で同級生に会うような距離感があった。でも加奈子さんはそのような環境を息苦しく感じることもなく、高校も家から自転車通学ができる都立に進学をした。

高校では、仲が良かった友人に誘われてソフトテニス部に所属。部活動の練習は友人と放課後まで残れるので楽しかったが、練習が苦手だったため上達せず試合には勝てなかった。高2になると部活を自主退部し、帰宅部の友人からの紹介で都心にあったメイドカフェでバイトを始めた。時給のほかに、歩合制のインセンティブもあり、授業が終わるとすぐにバイト先へ急ぐようになった。

メイドカフェのバイトがばれ、学校にいづらくなるが奮起し推薦GET!

「高校は、学校に届け出をすればバイト禁止ではなかったのですが、無許可でバイトをしていた上に、衣装を着て接客をするのが不謹慎だと学校から親が注意され、バイトを辞めさせられました」

学校では、メイドカフェでバイトしていたことが噂されるようになり、学校に行くのが嫌になったという加奈子さん。成績も下降していた時に、高2の時の担任の先生から短大への進学を薦められた。今から定期試験を頑張れば、学校から指定校の推薦入試が受けられると言われ、地元以外の学校に進学をしたかった気持ちがあり、試験勉強に励んだ。その甲斐があって、高3の秋には指定校推薦で、短大の英文科に合格した。

「短大では、高校とは違って英会話の授業も多く、2年間で、英語をより深く学びたいって思いました。今は短大が減ってきていますが、私は大卒の友人よりも早く就職も決まったので進学してよかったです」

短大の同級生たちの中には、4年制大学の学生に交じり総合職にエントリーをしたり、マスコミに就職をするために大学への編入試験を受ける準備をしている者もいた。加奈子さんは、自分の学力や、向き不向きを考えたときに、そのまま短大卒で就職した方が条件が良い仕事に就職ができるのではないかと考えた。そのため、短大に入学した1年生のころから、企業ガイダンスに出席をしたり、OG訪問するなど就活の準備を進めた。

「高校の時もそうなのですが、進路指導の先生から“だらだらと4年制大学に進学するよりも、短大に進学した方がよい”って薦められたので、その通りにしたんです。短大でも、編入試験を受けて4年制大学に進学がしたい気持ちも少しありましたが、小売りをはじめとする接客業なら短大卒で就職した方が、2年早い分、長く勤められるって思ったんです」

加奈子さんは大学生向けの合同企業説明会で、それまで興味がなかったベビー商品の専門店の存在を知った。女性が多そうな職場環境や、企業内容を説明する社員の熱心な姿に“ここで働いてみたい”と感じ、エントリーをした。でも、第一志望は大手小売りの専門店にしていたという。

「ベビー用品の専門店にも興味があったのですが、第一希望だった小売りの専門店から内定が貰えたんです。凄く悩んだのですが、企業のネームバリューで選んで、ベビー業界ではなく大手の小売りに就職しました」

新卒で就職した企業では、接客業として靴売り場に配属。自社製品の販売から同じ売り場にあるメーカーの靴も、人が足りない時には対応した。バックヤードにたくさん積んである商品の中から、お客様が試着したい靴のサイズを探し出し、持っていく。パソコン上でのデータ管理から、売り場の掃除、棚卸し。それ以外にも、自社が提供しているサービスや、クレジットカードの営業などノルマもあり、入社1年目から忙しかった。売り場の人員不足のために、営業時間を超えての残業が当たり前の日々だった。また、商品に関する知識以外にも、パソコン業務を行なわねばならず、接客業の大変さを感じた。

「正直なところ、サービス残業っていうか、働きの割にはお給料がもらえないなという気持ちになりました。2年目に実家から片道1時間半以上かかる遠方の店舗への異動の話があったので、そのタイミングで退職を決意しました。水面下の転職活動中に、就活時にチェックしていたベビー専門店を思い出し、何の気なしにサイトを見たところ社員募集の告知が出ていたんですよ。それで、転職試験を受けてみました」

今でも、メイドカフェで働いていた時の、「ご主人様〜」の決め台詞は覚えている。

ベビー業界に転職が決まるも、だんだん赤ちゃんの泣き声がストレスに……。〜その2〜に続きます。