田中萌(テレビ朝日公式ホームページより)

写真拡大

 不倫で「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)を降板した田中萌アナ(26)がゴールデンでいよいよ復帰! の声に、テレ朝の女子アナ不足説。

 ***

 一昨年(2016年)12月、田中アナは、既婚で同じ「グッド!モーニング」のサブキャスター加藤泰平アナとの不倫を報じられた。当時、不倫報道に熱心だった、いわゆる“文春砲”に撃たれたわけだが、ベッキー(34)同様、LINEの内容まで記事にされて、2人揃って番組を降板するハメになった。

 サッカー好きの加藤アナにはW杯開催中の今こそ活躍したいところだったろうが、あいにく復帰の噂は聞かない。その一方で、田中アナには復帰の目処が立っているという。

「実は田中アナは、不倫報道のわずか3カ月後に、深夜特番ですが『バクモン学園』(テレ朝系)で復帰しているんです。爆笑問題の番組で、田中裕二さん(53)の奥さんが山口もえさん(41)であることから、夫人と同姓同名と言うことでツッコまれていましたね。特番は4月からレギュラーとなり、番組終了までの1年間、起用されていました。そして今年(18年)4月からはネットの報道番組「Abema Morning」(AbemaTV)で初のキャスターを務めるなど、むしろ活動の場を広げています。テレ朝の番組でも日曜早朝とはいえ、自局の自己批評番組である『はい!テレビ朝日です』でナレーションを務めるなど、目立たないながらも責任ある仕事を任されているんです。そこで上がっているのが、早く萌を復帰させろ、という現場の声なんです」(テレビ朝日関係者)

 テレ朝にだって、まだまだ女子アナはいるだろうに――。

田中萌(テレビ朝日公式ホームページより)

宇賀ちゃんは新婚、竹内アナは別れたばかり

「もちろん、人気女子アナランキングで唯一ランクインする大下容子アナ(48)をはじめ、テレ朝にだって女子アナはいますよ。だけど、華のある女子アナが少ないんですよ。大下アナは『ワイド!スクランブル』で帯番組のメインキャスターを務めつつ、『ビートたけしのスポーツ大将』もこなしています。他にテレ朝の人気アナといば、小川彩佳アナ(33)は『報道ステーション』があるし、竹内由恵アナ(32)は『スーパーJチャンネル』に『中居正広の身になる図書館』、『日本サッカー応援宣言 やべっちFC』もあり、元彼でバスケ選手の田臥勇太(37)とは破局したばかり。宇賀なつみアナ(32)は『羽鳥慎一のモーニングショー』に加えて『池上彰のニュースそうだったのか!!』もあるうえ、まだ新婚。久冨景子アナ(29)も『スーパーJチャンネル』に『くりぃむクイズ ミラクル9』、『日本サッカー応援宣言 やべっちFC』、『おかずのクッキング』まで担当しています。弘中綾香アナ(27)は『ミュージックステーション』と『激レアさんを連れてきた。』くらいですが、タモリさん(72)の担当であり、多くのミュージシャンを相手にするのは気を使うので結構忙しい。山本雪乃アナ(26)だって『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』や『羽鳥慎一のモーニングショー』ではレポーターで出張も多い。要は、人気のある女子アナは、これ以上番組を増やせないぐらい多忙なんです」(同・関係者)

 それほど華のある女子アナがいないということでもある。とはいえ、不倫のレッテルは女性視聴者のウケが悪いと言われるが――。

親父、スタッフ、芸人にも高評価

「それよりもオヤジ受けがいいんですよ、田中アナは。意外に肉食系とも報じられたこともあるかもしれません。まだ入社1年目ながら『グッド!モーニング』に抜擢され、今は深夜バラエティもこなしているので、男性スタッフや芸人の方たちにも評判がいい。ですから、現場から復帰を望む声も出て来るんです。なにより深夜や早朝の番組、ネットでのキャスター役などを見た上層部も、視聴者からの多少のクレームも織り込み済みで、OKを出しているといいます」(同・関係者)

 バラエティやドラマも好調で余裕のあるテレ朝だからこその許容力で、ゴールデン復帰もそう遠くないというのだ。

 なによりテレ朝には、写真スキャンダルで追われるように日本テレビを去った夏目三久アナ(33)を、退社後わずか2カ月で『マツコ&有吉の怒り新党』に引っ張った実績もある。

 視聴率では日テレの背中が見えてきたテレ朝に、スキャンダルを起こせるほど魅力的な女子アナが増えつつあるということか?

週刊新潮WEB取材班

2018年6月29日 掲載