転職したことのある方ならご存知かもしれませんが、新しい職場になじむことはとても大変なことですよね。周りが良い人ばかりというラッキーな職場ならともかく、なかなか仕事の人間関係って難しいもの。特に女同士となれば、相性の問題や妬みなど人間関係のトラブルにつながりがち。そこで今回は、元OLライターの筆者がいくつかの会社で勤めてきた中で「この人やっかいだな……」と思った女性同僚の特徴をピックアップしてみました。

やっかいな女性同僚の特徴

1. とにかく気分屋

気分にムラがあって、機嫌が良い時と悪い時の落差が激しいタイプの女性は、一緒に仕事をするには非常にやっかい。機嫌が悪い時は人の失敗をしつこく指摘して攻撃的な態度になったかと思えば、逆に機嫌が良い時はやけに優しくて、ポジティブだったり……。
気分がコロコロ変わる人は言っていることが毎回違うため、周りも振り回されてヘトヘトになりがちです。
そんな気分屋な女性同僚には、同調してあげることが重要。基本かまってちゃんタイプが多いため、おだてたり、愚痴を聞いてあげたりとうまく扱えば、害を与えられることも少ないでしょう。

2. 人の悪口や噂話が大好き

どこから情報収集をしてきたのか、職場の人間関係についてはまるでスパイのように詳しい女性。例えば、誰かが「○○さんって、すごいよね」なんていうポジティブな話題を振ろうものなら、「でも○○さんてさぁ……」と足を引っ張る話をすぐさま始めたり……。
表面的には仲良く振舞っていても、自分自身も裏で何を言われているのかわからないので、こういうタイプの人とはあまり深く関わらないのが無難です。話は基本受け流し、自分のことは決して話さず、こちら側に踏み込んでこないように注意を払いましょう。

3. 人によって態度を変える

気分によって態度を変える人は、人によっても態度が豹変することが少なくないようです。お気に入りの後輩にはやさしく丁寧に仕事を教えるのに、気に入らない後輩には冷たかったり、口調がキツかったりと、好き嫌いがはっきりと出てしまいがち。またこういう人は、自分にとって得になる人や目上の人に可愛がられるのも上手だったりします。
こういう人は、好き嫌いや損得で動く自由な直感型タイプのため、こちら側が無理をしてうまくやろうとしても、だいたいその努力は全く相手には響きません。ですので心を無にして仕事に支障をきたさないようクールに接するのが賢明です。

4. 仕事はできるが人当たりがキツイ

仕事がいくらできても周りへの当たりがキツイ人は、一緒に仕事をしているだけで気疲れしてしまいます。「そんな強い言い方しなくても……」なんて思わずにいられないような口調で相手のミスを指摘したり、正論をふりかざしたりと、ヒヤヒヤするような言動が多いもの。いくら仕事の上で頼り甲斐があっても、伝え方がキツく感情的になりやすい人は、何かと嫌われがちです……。
そんな人当たりのキツイ、バリキャリ系の女性同僚には「人によって態度を変える」タイプに対してと同様に、淡々と接するのが良いでしょう。無理に仲良くなろうとせず、ある程度距離をとった方が仕事しやすい場面も多いはず。たまの雑談も大切ですが、始めから深く関わらず、変に気を使うわけでもなく、“普通”の態度でいることがポイントです。

みなさんの職場には今回ご紹介したようなやっかいな女性同僚はいますか? どんな職場でも「気が合わない、なんとなく好きになれない……」という人は1人はいるのではないでしょうか。長時間を過ごす職場ではできる限りストレスが少なく、心地良くいられるように、苦手な人への付き合い方を工夫してみても良いのかもしれませんね。