YOSHIKIさん(写真は17年6月撮影)

写真拡大

ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが、ツイッターでチケットの高額転売に改めて警鐘を鳴らし、リツイート2万件の反響を呼んでいる。

YOSHIKIさんが開催するディナーショーのチケットに、一部ネットオークションで30万円超の値がついていることが、ファンの間で物議を醸していた。

「こんな事言わせるなんて悲しいです」

YOSHIKIさんは2018年7月13〜16日、グランド・ハイアット東京でディナーショーを開催する。追加の昼公演(7月14〜16日)、再追加の公演(8月31日と9月1日)も合わせ、計10公演のチケットは瞬く間に完売した。

YOSHIKI PR事務局の発表によると、海外からオペラ歌手などを招いた盛大なディナーショーとなる予定で、チケット価格は7万5600円、8万6400万円(公演によって異なる)。ファンクラブ枠でなければチケットの入手はほぼ不可能で、一般先行販売の抽選時、その倍率は100倍を超えたという。

だが、そんなショーのチケットが一部ネットオークションに破格の価格で出回っている。J-CASTニュース編集部が調べたところ、「チケット流通センター」では1枚10数万円から、最高で30数万円の価格で出品されている。いずれも本来の価格より遥かに大きい数字だ。

こうした状況に驚いたファンが、ツイッターでオークションサイトを利用した高額転売だと訴えたところ、YOSHIKIさんがそのツイートを引用する形で、

「また何かコンサート、考えるから...みんな転売で買うのはやめましょう」

と投稿。この呼びかけにツイートのリプライ(返信)欄などでは、ファンから

「転売許せませんね とても悲しいです」
「YOSHIKIさん本当に忙しい中追加公演までしてくれるのにこんな事言わせるなんて悲しいです」
「こういうの、本当にやめて欲しいです」
「いくら取り締まってもキリがないのが残念ですよね」

と感謝や共感の声が相次いでおり、YOSHIKIさんのツイートは「リツイート」2万件を超えている。

チケットの高額転売は今や音楽業界を揺るがす社会問題となっている。音楽業界団体は「転売NO」を掲げたキャンペーンを展開。YOSHIKIさんをはじめ多くの音楽家が賛同アーティストに名を連ねている。