ホタルは温泉街を流れる筑後川の支流・町田川に生息。見事な光の共演に来場者もうっとり

写真拡大

大分県・九重町「宝泉寺温泉」は温泉宿や共同浴場、飲食店が並ぶ人気温泉街。地元住民によるホタルの保護・養殖活動が盛んで、今では町田川沿いに数万匹が生息するほどの名所となった。

【写真を見る】ホタルの圧巻の乱舞は川沿いの各所で見られる。「ふるさといきものの里100選」に認定されるなど、豊かな自然環境も自慢

5月下旬はゲンジボタル、6月中旬はヘイケボタル、7月上旬はヒメボタルと時期ごとに現れるホタルが異なるのが特徴。それぞれで圧巻の乱舞が見られ、約1ヶ月と観賞期間が長いのもうれしいポイントだ。

7月7日(土)は、「旅館 九重」前の特設ステージを会場に「七夕まつり」を開催。郷土芸能や歌謡ショーなどのイベントを、ホタル観賞と共に楽しもう。

[ホタルDATA] 匹数:数万匹 / 見頃:5月下旬〜7月上旬 / 観賞時間:20:00〜21:00ごろ / 品種:ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタル / イベント:あり

[宝泉寺温泉] 大分県玖珠郡九重町町田 宝泉寺温泉 / 0973-73-5505(九重町観光協会) / 終日開放 / 無休 / 20台(無料、宝泉寺温泉観光物産館宝泉寺駅駐車場) / 車=大分自動車道九重ICより約10分(九州ウォーカー・久保田学)