就職すると、会社の上司の意見を尊重しつつ仕事をこなさなければなりません。しかし、必ずしも上司の意見を尊重することがYESマンに繋がるとは限らないのです。むしろ、何でも「できます」「やります」「はい」と言う部下を、上司は本当に心の底から信頼するのでしょうか?

チームで仕事するには、お互いの信頼関係が必要になります。上司も信頼できない人には、仕事を頼もうとは思わないはず。では、一体どうすれば上司から信頼される部下になることが出来るのでしょうか?

今回は、仕事を通じて上司から信用を得る行動をご紹介します。

できないことは素直に伝える

上司の意見には、必ずしも全て「はい」と言えばよいわけではありません。依頼された仕事も、上司が指示した納期に間に合わなければ「その納期では間に合いません」と正直に伝えましょう。

逆に、仕事が納期までにできないとわかっているにも関わらず「大丈夫です」と言って無理して引き受けるのは問題です。

上司は、希望納期までに間に合わなければ他の指示を考えるかもしれません。他の人に依頼するかもしれませんし、あなたが納期に間に合うように、仕事を分配するか納期をずらすかもしれません。仕事を引き受ける時に、自分の能力を冷静に見つめなおして納期までに間に合うか考えてみましょう。

そして、できないことは、上司に素直に伝えましょう。また、納期に無理がある案件なら、本当に緊急の仕事なのか確認することも大切です。

上司には「できません」だけではなく、「1人ではできないと思います。他に納期が迫っている仕事があるんです。どうしても緊急でしたら、ヘルプをお願いしたいです」と具体的に「なぜできないのか。どうすれば、できるようになるのか」を伝えるようにすると丁寧です。

仕事を受けたら確認する

上司に仕事を依頼されたときに、上司から納期について発言がなかったとしても必ず確認しましょう。上司が何も言わないからと、「この仕事は、いつでも大丈夫だろう」と勝手に自分で納期を決めて仕事をするのは危険です。上司は、もしかしたら納期を伝えたつもりでいるかもしれません。

また、わからないことは遠慮せずに必ず聞くようにしましょう。わからないまま作業してしまうと、もしその作業が間違っていたら二度手間になるかもしれません。時と場合によっては、失敗は無駄に経費がかかる原因になることがあります。

例えば、上司が指示した箇所を間違えてコピーしてしまったらその部分のコピー代や紙代は無駄になってしまいます。従業員のコスト面に関しても、失敗作業をする時間は無駄な経費に繋がります。少しでも不安に感じることがあれば、上司に確認するようにしましょう。

ただ、上司が他の作業をしていたり忙しそうにしている時は声をかけないなど配慮が必要です。上司が忙しそうなら、わからないことをまとめておいて聞けるタイミングでまとめて聞くようにしましょう。

無理して媚びない

自分に媚びてほしい上司ばかりではありません。むしろ、部下には依頼した仕事をミスなく納期までに納めてほしいという人が多いのではないでしょうか?

仕事に対しては、誠実に取り組むことを心がけましょう。上司に気に入れらる為に媚びていると、周囲の人間関係に嫌がられてしまう可能性があります。上司の信頼を得るには、同僚からの評判も大切です。

もし上司に媚びるのであれば、仕事で褒められたとしても「いやいや、そんな。上司の指示がわかりやすかったおかげです」と、自分のことを謙遜しつつ、相手を立てる程度に留めておきましょう。

何度も確認してミスをなくす

仕事は、ミスがなく正確に仕事をすることが大切です。ミスをなくすには、何度もチェックするようにしましょう。打ち込み作業なら、印刷してチェックするのも大切です。

常時ミスすることなく作業してくれる部下は、次も安心して仕事を任せられるので上司からも重宝されます。

YESマンって訳じゃないけど、信頼してほしい。上司から信用を得る行動まとめ

上司に信頼されるには、依頼された仕事に対して誠実に取り組むことが大切です。できない仕事は、できないと伝えましょう。ただ、「できません」と伝えるだけだと角が立つので「なぜできないのか。どうすれば、できるようになるのか」を伝えるようにすると良いでしょう。

納期について上司から何も言われないのであれば、こちらから納期を聞きましょう。わからないことは、わからないまま仕事をするのではなく、その場で聞くようにしましょう。

上司から信頼されるには、同僚からも愛されていることが大切です。上司に気に入られようとあからさまに媚びていると、同僚からは嫌がられてしまうかもしれません。職場で一番上のポジションの人は、全体の雰囲気を冷静に俯瞰しています。上司だけでなく、同僚からも愛されることが上司への信頼にも繋がります。

また仕事はミスのないように、何度もチェックすることが大切です。ミスのない仕事を納期までにスピーディに納めることが、上司の一番の信頼に繋がります。

まずはしっかりと自分の仕事をこなすこと!その姿をきっと上司は見てくれていますよ!