スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ。

スマホカメラでトコトンキレイに映っちゃいましょう!

みなさんは、スマホ選びは何を基準にしていますか?デザイン性や機能の充実ぶりは外せない要素だと思いますが、女子にとっては写真の美しさも重要ですよね。とくに、セルフィーを楽しむ女子ならなおさら!

そこで注目したいのが、最新機種のカメラ機能。今年は美肌モードに特化したものや、夜景が美しく撮れる機種が続々と登場しているようです。そこで、ガジェット事情に詳しい、ITライターの太田百合子さんにお話を伺いしました。

今回お話を伺った、ITライターの太田百合子さん。

とことんこだわった美肌モードでいつでもキレイ!

最新機種「OPPO R11s」のフロントカメラで撮影したセルフィー。

「これまで、美肌モードはアプリを使うのが常識でしたが、最近はスマホの標準カメラに美肌モードが搭載されているものが多くなっています。とくに、セルフィー文化が浸透している、中国や韓国方面からきたメーカーが力を入れていますね」(太田さん)

標準のカメラモードに搭載された「美肌モード」や「ビューティーモード」など、アプリを使わなくてもモードを切り替えるだけで、美しいセルフィーが撮影できるのが、最近の主流。とくに、OPPO(オッポ)やファーウェイ、ASUS(エースース)、サムスンなど、中国や韓国系メーカーが力を入れているようです。また、シャープ、富士通、ソニーなどの日本のメーカーも、美肌モードを取り入れています。つまり、国内で販売されているAndroid機種ほとんどに、美肌モードが搭載されていることに。

「OPPOは美肌にすごくこだわっているんです。国ごとにそれぞれ違う美しさの基準を徹底的に研究していて、美肌モードがカスタマイズされているんです」(太田さん)

「OPPO R11s」のRedカラー機種。

これからはアプリで加工するのではなく、スマホのカメラを美肌モードに切り替えて撮影するのが、女子の常識になりそうです。

夜景撮影や望遠機能に優れたトリプルレンズカメラなども新登場!

「スマホでキレイに撮れるのは今では当たり前。ただ、これまで唯一スマホが弱かった、暗い場所での撮影や望遠機能が、ここ最近で進化しています。これから夏に向けて、花火やお祭りなどの夜のシーンでも、上手に撮影できそうですよ」(太田さん)

夜景モードが優れた、6月下旬にドコモから発売予定の「P20 Pro」。

Leica共同開発トリプルレンズカメラを搭載した「ファーウェイP20 Pro」や「Galaxy S9」などの最新機種は、純正のカメラでも夜景を美しく撮影できるのが魅力です。花火や夜景、お祭りの様子、アウトドアなど、暗闇でも思い出を美しく残しておくことができそうです。

暗闇でも美しく撮影できる「Galaxy S9」。

「Galaxy S9」で撮影した夜景の一例。

☆☆☆

これから新機種への買い替えを検討しているなら、カメラ機能に注目して選んでみましょう。とにかくセルフィーをキレイに撮りたいなら中国や韓国系のメーカー、夜景や望遠の機能を求めるなら、レンズにこだわった最新機種をチェックしてみるのもいいですね。今や、カメラの機能でスマホを選ぶ時代なのかもしれません。

文/内田あり(女子部JAPAN(・v・))