女を上げる料理術♡簡単すぎるのに美味しい「漬けおき」レシピ

写真拡大 (全3枚)

疲れたとき、忙しいときに助けてくれる心強いおかず

「今日は疲れた〜」と帰ってきて、さあ、これから夕食を作らなければ、というときの面倒なこと。考えただけで疲れが倍増、なんて人もいるのでは?
「今日は遅くなりそうだな」というときは、前の晩にひと手間かけて、下ごしらえしておくと◎。なかでも漬けおきおかずは便利なレシピ。帰宅したら、煮るだけ、焼くだけで、「ちゃんとした夕食」が完成しちゃいます♪
さらに、漬けおくことで、食材がやわらかくジューシーになるという嬉しいおまけつき。冷蔵庫で2〜3日、冷凍庫で1カ月保存できるので、多めに作っておいてお弁当にも使えます。毎日の食卓の頼れる助っ人なのです。

◆焼くだけ◆ 鶏のバジル漬け
バジルの風味が利いたイタリアンな漬けおきおかず。にんにくの香りがより一層、食欲を増進させる!

【材料】4人分
鶏むね肉…2枚(600ḡ分)

<A>
バジル(乾燥)…小さじ1
塩…小さじ1
ニンニク(すりおろし)…1片分
白ワイン…大さじ1
オリーブオイル…大さじ2

【浸け方】
1 鶏肉の余分な皮と脂をカットして半分に切り、厚い部分は切込みを入れて開き、厚みを均等にする。
2 保存袋にAを入れて、もみ溶かす。
3 2に1を入れてよくもみ込む。

↓それを
【グリルで焼くだけ】

魚焼きグリルで鶏のバジル漬け(2人分)を皮目6分、裏返して4分ほどこんがりと焼く。
※ベビーリーフを器に盛る。

◆煮るだけ◆ 鶏のトマト漬け
子どもから大人まで、みんな大好きなトマトベース。トマトの酸で鶏もも肉がやわらかくなる。

【材料】4人分
鶏もも肉…2枚(600g分)
<A>
トマト(水煮缶詰、カットタイプ)…1缶
塩…小さじ1
黒コショウ…少々
コンソメ(顆粒)…小さじ2
ニンニク(すりおろし)…1片
砂糖…小さじ1

【浸け方】
1 鶏もも肉の余分な皮と脂をカットして一口大にカットする。
2 保存袋にAを入れてもみ溶かす。
3 2に1を入れてよくもみ込む。

↓それを
【煮るだけ】

鍋にオリーブオイル大さじ1と鶏のトマト漬け(2人分)を入れる。中火で温まったら弱火にし、蓋をして20 分ほど煮る。
※お好みでバジルを添える。

鶏肉がお買い得だったから多めに買ったけれど、毎日同じ料理ばかり作ってしまう…という人も、このレシピで作り分けをしておけば、毎日食べる必要もなく、色々な料理にアレンジしながら飽きずに食べきれます。料理上手にもなれて、毎日の献立作りのモチベーションもあがるはずです。

出典:「魔法の漬けおきおかず
ライター:夏井美波