-なぜ今、思い出すのだろう?

若く、それゆえ傲慢だった同級生・相沢里奈の、目を声を、ぬくもりを。

あの頃の僕らは未完成で、足りない何かを探しては傷つき、欲することに夢中だった。

だから気づかずにいたんだ。ずっとそばにあった、かけがえのないものに。

持ち前の器用さと明るい性格で、比較的イージーに人生の駒を進めていく一条廉(いちじょう・れん)。

しかし東京は、平穏な幸せを簡単に許してくれない。

運命の悪戯が、二人の男女の人生を交差させる。これは、“男サイド”を描いたストーリー。




はっきり言って、里奈は僕のタイプじゃない。

入学してすぐ彼女の顔と名を覚えたのは、語学のクラスが一緒で、しかも出席番号まで前後という縁があったからだ。

「一条廉くん、だよね?」

里奈と初めて言葉を交わした時のことは、なぜだか鮮明に覚えている。

あれは、学内でも華やかな男女が集まるゴルフサークルの新歓コンパだった。(当時、渋谷のクラブを貸し切りで開催された)

しかしそのとき里奈と何を話したのか、話さなかったのか、さっぱり覚えていない。

なぜなら僕はその時、目の前で愛らしく微笑む“結衣ちゃん”に夢中だったからだ。

里奈も目鼻立ちのくっきりした美人だが、僕はどちらかというと童顔(+胸が大きければなお良い)を好む。

「なぁ結衣ちゃん、連絡先聞いていい?」

不意に関西弁で話す男の声がして、慌てた。

僕が里奈と社交辞令を交わしている間に、まだ垢抜けない、しかし妙に自信に溢れた男が結衣に直球アプローチしているではないか。

そのシーンに、俄然燃えた。

「結衣ちゃん、俺にも教えて。ってゆーか、今度ドライブしようよ」

僕の家は自由が丘にある。

両親は仕事の都合で海外におり、年の離れた姉はすでに結婚していて家にいない。一軒家も親が置いていったメルセデスも、自由に使える身なのだ。

強引に割り込んだ僕の耳に、関西男のチッと舌打つ音が聞こえたが、気にしない。

欲しいものを手に入れるのに、使えるものを使って何が悪い?

「え、嬉しい♡行きたい!」

満面の笑みを返す結衣から連絡先を聞き出していたら、気づけば里奈の姿は見えなくなっていた。


里奈とは対照的に、実に大学生らしい青春時代を過ごす廉。そんなふたりを、徐々に運命が近づけていく


結衣と正式に付き合い出したのは、サークルの夏合宿後。

夏が終わる頃、大学キャンパスではまるで申し合わせたようにあちこちでカップルが誕生する。

結衣は誰を好きなのか?まさか、あいつも結衣が好き…?推し量ったり牽制したりしてきた恋心がついに解き放たれて、僕たちはほんの少しの隙間も惜しむように、肌を、そして想いを重ね合わせた。

結衣が他の男と親しげに話しているだけで、腹がたつ。

一昨日も昨日も抱いたのに、今日も抱きたい。帰したくない。

今になって思い返せば、いかにも安っぽい青春ドラマだ。

しかし呆れるほどピュアな恋愛に酔いしれる季節も、そう長くは続かない。

ときめきが安心感に変われば、新たな刺激に惹かれてしまうのが若い男の常なのだ。




2年生の、秋だっただろうか。

里奈が、随分と久しぶりにサークルの集まりに顔を出した。

彼女も1年の最初の頃は主要メンバーの一員だったはずだが、気づけば完全にフェードアウト。夏合宿にも参加していなかった。

必ず顔を合わせるはずの語学のクラスは、先生が出欠にこだわらないタイプ(試験さえクリアすれば単位を取れる)と聞いて以来、逆に僕がサボりがちだった。

その日は“総会飲み”と呼ばれる普段より華やかなパーティーで、女子はセミフォーマル・男子はスーツで集まっていた。

里奈はそこに、腿まで大きくスリットの入った真っ赤なロングドレスで現れたのだ。その圧倒的な艶やかさに、そこにいた全員が目を奪われたのは間違いない。

「相沢って、雰囲気変わったよな」

気安く声をかけるのも躊躇われるのだろう。

里奈に聞こえないよう囁く男たちの声には、止めることのできない好奇心と興味、そしてそれと同じだけの非難が混じっていた。

元々は仲が良かったはずの女たちも「品がないよね」などと陰口を叩く。明らかな嫉妬と、蔑みを添えて。

まあそれも、仕方がないのかもしれない。

噂というのはどこからともなく伝わるもので、彼女が今どういう場所に出入りをしているのか、僕たちは本人から知らされずともなんとなく聞き知っていたのだ。

つまり里奈が、自分とよく似た女たちと夜な夜な港区に繰り出し、金と時間を持て余したおじさんと派手に遊んでいるらしい、と。

「お前さぁ。金持ちおやじにたかるとか、恥ずかしくないのかよ」

その場から完全に浮いてしまい、けれどもそれを気にするでもなく、会場の隅でシャンパンを口に運ぶ里奈。

彼女に向かって、つい酒の勢いで口走ったのは…友情?対抗心?それとも、嫉妬心だっただろうか。

別に、里奈の好きにすればいい。頭ではそう思っているはずなのに。

一瞬、目を泳がせた里奈は、すぐに「何なの」と口を尖らせた。

「廉に関係ないでしょ」

突き放すようにそう言うと、僕を無視するように体制を変えてシャンパンを飲み干した。

これだから、気の強い女は嫌だ。

しかしプイとそっぽを向く里奈は同級生の他の女よりずっと大人びていて、早くも色香を纏った横顔にドキッとしたことだけは、白状せざるを得ない。


付かず離れず交わることのなかったふたり。しかし、廉にとって忘れられない出来事が起こる


相変わらず、港区での社交に忙しかったのだろう。

3年生になると里奈とキャンパスで顔を合わせる機会はほとんどなくなっていたが、就職活動が始まると、某総合商社の説明会でスーツ姿の里奈を見かけた。

彼女が商社を目指すなんて、意外だった。

といっても、里奈には就職活動自体が似合わないのだが。

目で追っていたら彼女も僕に気がつき、少し照れた様子で小走りに駆け寄ってきた。

黒く染めた髪をおとなしくまとめ、地味なスーツに薄化粧。

本性はまるで違う癖に“一流大学で学ぶ、真面目で優秀な女子大生”を完璧に演じている里奈が可笑しくて、僕は思わずぷっと吹き出す。

「やっぱ、似合ってないよね(笑)」

「うん。マジで似合わねー」

自虐を言う里奈に言葉ではそう返したが、本心ではない。

低いヒールのせいで、彼女は自然と僕を見上げる姿勢になる。派手な化粧やアクセサリーで武装していない里奈は新鮮で、意外にぐっとくる。

「ま、一緒に頑張ろうぜ」

誤魔化すようにして里奈の肩を叩くと、彼女の柔らかさと脆さが、手のひらに残った。

そうして僕らは、頻繁に連絡を取るようになった。

彼女は何の前触れもなく気まぐれに電話をよこすのだけれど、それが大体いつも「あいつ、どうしてるかな」などと頭に思い浮かべた時だったりする。

そう、里奈と僕はいつも、お互いを欲するタイミングが一緒だった。

選考が進むにつれ、僕と里奈の関係はますます密となった。

里奈は基本的に頼りないが、意外にも読書家らしくボキャブラリーが豊富。言葉を操るのがうまいので、彼女のアドバイスは僕にとって非常に有益だったりもしたのだ。

そんな、ある夜のことだ。

面接対策を一緒にしようという話の流れで、里奈が家に来たのは。

カレーか何かをテイクアウトして来てくれたのでリビングで一緒に食事をし、チューハイを開けながらああでもない、こうでもないと議論を重ねる。

そのうちに里奈が眠くなってきたと大きなあくびをし、「何か楽な服貸して」とワガママを言う。仕方がないので部屋から引っ張り出してきたTシャツと短パンを「ほら」と放り投げた。

「あっち向いてて」と言われるがままに彼女に背を向けると、すぐに後ろでファスナーを下ろす音や衣摺れの音がする。

ほんの1〜2分が、果てしなく長い。イライラとも、モヤモヤとも説明のつかぬ感情が身体中を駆け巡る。




「はーい、お待たせ」

歌うような声がして振り返る。なぜか、喉がカラッカラに乾いている。

里奈は脱いだ服を手早く丸めてバッグの裏に隠したが、その中にブラジャーの紐?らしきものが垂れ下がっているのがちらりと見えた。

もしかしてTシャツの下は、何もつけていないのか?

僕は動揺を隠すように立ち上がり、チューハイの缶を捨てるフリをしてキッチンに逃げ込んだ。

しかし里奈はそんな僕などお構いなし。さっさとソファに横たわると、すぐに寝息を立て始めている。

里奈じゃなかったら、と思わずにいられない。そうすれば後先考えず、欲望のままこの苛立ちをぶつけられるのに。

結局、僕だけは朝まで寝られなかった。

こんなこと...なぜ今、思い出すのだろう?

その後、希望どおりに第一志望の総合商社から内定を獲得した僕は、それまで以上に人生を謳歌した。

手っ取り早く欲望を満たすことに忙しかったから、思い通りにならぬことに、わざわざ意識を向ける必要がなかったのかもしれない。

欲しさえすればモノも女もだいたい手に入った、あの頃は。

▶NEXT:7月3日 火曜更新予定
恋と友情のあいだで 〜里奈 Ver.〜:就職した里奈が目の当たりにした、“割りに合わない”社会人の現実とは...?