出典: https://www.shutterstock.com/

男性は“恋愛”と“結婚”を別の物として捉えている人が多かったりもします。

だからこそ、付き合っていても、「結婚相手としては考えられない」と思われてしまうケースも出てくるでしょう。

そこで今回は、“付き合いたい女”と“結婚したい女”の決定的な差を紹介します。

 

■ちゃんと「自立」できている

男性は女性から頼られたり、甘えられたりするとうれしいものですし、自尊心や優越感も満たされるでしょう。ただ、何から何まで頼ってきたり、強く依存してきたりするような女性だと、男性も重く感じるので逃げ出したくなるはずです。

特に結婚相手に対しては、ちゃんと自立ができていて、力を合わせて色んなことを乗り越えていけるような女性を男性は求めています。たまに甘えたてきたりする可愛らしさがあるとドキッとしますが、ずっと甘えっ放しな女性だと、一緒に生活をしていくことは考えられないでしょう。

 

■お互いに「フォロー」し合える

恋愛相手にはできるだけ自分のいい部分を見せようとするでしょうが、結婚となると毎日を一緒に過ごすことになるので、そういうわけにもいかなくなるもの。お互いにダメな部分もわかったうえで、それをも受け入れてくれるような相手じゃないとうまくはいかないでしょう。

また、お互いの苦手な部分や弱い部分をフォローして補い合っていけるような相手こそ、理想の結婚相手とも言えます。ダメなところを見せても、それをけなしたり馬鹿にしたりせず、当たり前のように手を貸してくれる女性だと、「ずっと一緒にいたい」と男性も素直に感じるはずですよ。

 

■「生活観」が合う

恋愛とは違い、結婚は毎日の生活を共にしていくことになります。だからこそ、生活全般に対する考え方や生活観が合わない相手だと、一緒にいてもイラ立ちや息苦しさを感じるようになり、すぐに破綻してしまうはず。

お金に対する考え方が違ったり、生活習慣が合わなかったり、食の好みが全く噛み合わなかったり……。そういった部分に大きな違いがあるのであれば、どんなに好みの女性であっても、夫婦や家族として暮らしていくことは難しくなるでしょう。

 

■「居心地の良さ」がある

恋愛ではドキドキ感や刺激を求めますし、そういう気持ちにさせてくれる相手には夢中になるでしょう。でも、結婚を考える場合においては、ドキドキ感よりも一緒にいたときの居心地の良さの方が大事になってくるものです。

自分のことを理解してくれていたり、ちゃんと尊重してくれていたり、癒しを与えてくれたり……。男性が結婚を考えたり意識したりするのは、そういった居心地の良さを感じたときでもあります。激しさよりもやさしさや穏やかさが大事になってくるのかも。

 

ただ付き合っていても、必ずしもその延長線上に結婚があるとは限りません。付き合っている彼氏と結婚を本気で考えているのであれば、今回紹介したようなポイントには気をつけておきましょう。

【画像】

※ Versta/shutterstock

【関連記事】

「結婚しよ!」“体だけの関係の彼”につい送ってしまったセンチメンタルLINE

ワンナイトラブならいいけど…「付き合うのはNG」な女子の特徴

アラサー男がぶっちゃけ。「彼女にこれで落ちました!」LINEエピソード

男が発している!さりげない「好き」のサイン

アラサー女がハマった「年下ヒモ彼氏」からのLINE