出典: NOSH(ナッシュ)

あなたが彼と付き合っていて、「ああ、私って愛されているな」と感じるのは、どんなときでしょうか。その瞬間が多いほど、相手との付き合いが充実している証拠だと思います。

何気ない瞬間ひとつでも、相手からの行動に幸せを感じられるかどうかは、大きなポイントですよね。

今回は、そんな「私って愛されている」と感じたLINEエピソードをご紹介。普段当たり前になってしまっていることも、冷静に考えてみれば、彼が意識して愛を与えてくれているのかもしれません。

 

■仕事が終わった後の気遣い

「彼とは社内恋愛なんですけど、社内で顔を合わせているので、調子が悪そうなときは帰宅後、彼からLINEが飛んできます。“風邪の具合はどう?病院には行った?”とか。仕事で一緒なので、デート頻度が限られてしまうことも多いんですが。でも、恋人としてちゃんと気に掛けてくれているところを見ると、うれしいなって思います。」(28歳/女性/サービス)

社内恋愛だと、仕事場でいつも彼と顔を合わせていることから、その分、デート頻度がほかのカップルよりも少ない……そんなカップルもいるでしょうか。仕事で会っているとはいえ、仕事は仕事ですし、プライベートで会いたい女性にとっては、気持ちが満たされないこともあるでしょう。

そうしたとき、さり気なくこうした気遣いを示してくれると、「あ、気に掛けてくれているんだな」と感じられるのでは。すれ違いを防ぐためにも、こうした配慮ってすごく大事ですよね。

仕事が忙しい彼だと、なかなかデートがままならないことも多いと思うので、こんな風にお互いの気持ちを繋ぎとめることも意識できるといいかもしれませんね。

 

■グッドタイミングで連絡が来る

「お互いに仕事が忙しいので、お互いが寂しいと思ったときに、ちょうどいいタイミングで彼から連絡が来るのは嬉しいですね。なんていうか、お互いの気持ちが同じっていうか。彼も寂しがっているんだってわかるので。」(28歳/女性/IT)

アラサーにもなれば、お互いが責任あるポストに就いていることも多いでしょう。そのため仕事が忙しく、なかなかデートがままならないことも。

こうした状態で多いのがすれ違いですが、お互いがお互いを気に掛けるように、連絡を取り合っているカップルは、お互いの気持ちが同じということで、幸せでしょうし、うまくいくと思います。

寂しいとき、彼から連絡が欲しいときは、ぜひ待ちモードではなく、自分から連絡してみては? そのほうが、彼もあなたの気持ちがわかって、付き合い方を工夫してくれるかもしれませんよ。

 

■「大好きだよ」

「やっぱり、好きっていう言葉かな。口で聞きたいって人もいるかもしれないけど、LINEでも、普段そんなことを言わないタイプの彼だから、その言葉が聞けるとうれしいし、私は幸せだなって思う。」(28歳/女性/販売)

「好きだよ」「〇〇、大好き」……。付き合っているのですから、お互いにその気持ちがあるのでしょうが、デートや連絡頻度がままならないと、すれ違いが起きてしまうこともありますよね。

そうしたとき、改めて彼から気持ちが聞けると、安心できますし、“幸せだな”って感じるのでは。当たり前なことかもしれませんが、大事ですよね。

 

いかがでしたか? “愛されているな”って感じるのは、人それぞれだと思います。

ぜひ自分だけではなく、彼にもその愛を感じさせられるよう、意識を向けてみてくださいね。

【画像】

※ baranq/shutterstock

【関連記事】

「結婚しよ!」“体だけの関係の彼”につい送ってしまったセンチメンタルLINE

ワンナイトラブならいいけど…「付き合うのはNG」な女子の特徴

アラサー男がぶっちゃけ。「彼女にこれで落ちました!」LINEエピソード

男が発している!さりげない「好き」のサイン

アラサー女がハマった「年下ヒモ彼氏」からのLINE