沖縄県が作ったアプリ「節酒カレンダー」が可愛いけどちょっと怖い! シーサー君にお酒を飲ませすぎると大変なことに…

写真拡大

日ごろからついついお酒を飲みすぎてしまう人におススメなのが、「うちな〜適正飲酒普及啓発カレンダー (略称:節酒カレンダ-)」という無料アプリ。

沖縄県保健医療部健康長寿課が提供するこちらのアプリでは、簡単な入力だけで酒量や体調を把握、自己管理することができるんです。

ダウンロードしたら、まずは設定をクリック。男性「グシさん」、女性「サキさん」、そしてシーサーの「シーサー君」の中から、好きなキャラクターを選んだら準備は完了です。

【文字入力する必要がないので◎】

アプリには毎日の酒量を入力できる「カレンダー」、酒量の推移を週・月・年ごとにグラフ化してくれる「レポート」、現在の飲酒方法に問題がないかチェックできる「AUDIT」といった3つの機能が搭載されています。

このうち「カレンダー」を開くと、何を飲んだのか入力する画面が出てきます。ビールにワインに日本酒とお酒の名前がずら〜っと出てくるので、当てはまるものをチョイスしましょう。

わざわざ文字入力する必要がないので、酔っぱらっていたとしても記録できそう♪ 酒量が増えていくごとに画面の色が変わるので、一目でわかるという点もありがたいかぎりです。

【酒量によってシーサー君の様子が変わっていきます】

そしてこちらのアプリ最大の特徴ともいえるのが、お酒を飲むと変化する「シーサー君」の可愛さ! カレンダー画面の右上にある「現在の状態」をクリックすると、シーサー君が体を張って、ユーザーの今の状態を表してくれるのですが……。

たとえばグラスワイン1杯だけなら、純アルコール量は11g。女性の1日の適正飲酒量10gと大差ないので、「爽快期」に当たります。このときのシーサー君は、ニコニコ笑顔でバンザイポーズをキメていて、まさに「気分は爽快♡」って感じ!

ところが酒量が増えてゆくと、シーサー君の様子が激変していくんです。

明かにゴキゲンな「ほろ酔い期」、 “絡み酒” っぽい雰囲気を醸し出してる「酩酊初期」、目が回っちゃってる「酩酊期」とどんどん進化(?)していきまして、ワインボトル2本を迎えたころには白目をむいた「泥酔期」へと突入。

そしてワインボトル3本めともなると、画面は真っ黒になって「昏睡期」に。地べたに倒れたシーサー君は完全に意識を失っている様子で、 “おもらし” までしちゃってる!?

【可愛さに惑わされないようにね〜!】

このアプリのダメなところを1つ挙げるとするならば、シーサー君が可愛すぎる点でしょうか。お酒の飲み過ぎを防止するアプリにもかかわらず、いろんな顔が見たくてついついお酒が進んでしまいそうなのです。

楽しい楽しいと思っていたら、いつの間にか飲みすぎてしまう……。シーサー君はまさに、お酒の楽しさと危険さを身をもって教えてくれているのかもしれませんね……。

参照元:健康おきなわ21 アルコール
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る