好きな男性と連絡を取り合い、ちゃんと返信があると、順調だ……と思うかもしれません。でも、もしかしたらメッセージのなかに、違った思惑が込められている場合があります。ということで今回は、“女性が気付きにくい男が送る脈なしLINEの特徴”についてご紹介しましょう!

文・塚田牧夫

仕事に打ち込んでいる

「飲み会で知り合い、その日のうちにエッチしてしまった子がいました。こっちは一夜限りのつもりだったんだけど、頻繁に誘いのLINEが来るようになったんです。

ヤッちゃった手前、“忙しい”と無下に断るのも悪く感じ、仕事に打ち込んでいるという雰囲気を醸し出すよう心がけました。休みの日も、勉強や資料作りをしているとかなんとか言って。やったことないけど」テル(仮名)/29歳

「忙しい」という常套句を使わずにお誘いを断りたい。そこで、仕事に打ち込んでいるように見せるわけです。なのでそんな姿を、素敵だ……なんて思ってはいけません。

別の男を褒める

「友だちが女の子を紹介してくれたんです。残念ながら、いまいちピンとこなかった。でも、向こうはちょっと気に入ってくれたようで、よくLINEが来るようになりました。

どうすべきか悩んだ末、紹介してくれた友だちのほうに目を向けるよう仕向けました。“あいつは本当にいいやつ”と褒めまくった。友だちも彼女いないし。そこがくっつけば一番いいかなと……」レイ(仮名)/28歳

ほかの男性を褒めるのは、そっちに目を向けて欲しいという意図がある場合があります。なので、友だちを褒めるなんていい人……と捉えるのは間違いです。

返事が前向き

「僕は誘いを断るのが苦手で……。誘われるとつい、“大丈夫だと思う”と言ってしまうんです。でも一応“もしかしたら予定が入るかも……”ということを付け加え、また連絡すると伝えます。

それでしばらくして“やっぱり予定が入っちゃって……”とかなんとか言って、結局断るんですけどね。申し訳ないと思いつつ、毎回やっちゃいます」ケンソウ(仮名)/28歳

前向きな返事でありながらも、「……かも」と付け加え、断る可能性を残しています。気を使うタイプの男性は、こういった返信をしがち。続くようであれば、脈なし……と捉えたほうがいいかもしれません。

彼女が欲しそう

「二年ぐらい彼女がいない時期がありました。そのころ、“彼女欲しいな……”というのが口癖のようになってしまってたんですね。

で、知り合ったばかりの女の子とLINEをしているときにも、無意識にそう言っちゃったみたいで……。その子は、間接的な告白だと捉えてしまったのか、急に積極的になられて……。あれは困った」ノリ(仮名)/30歳

LINEで「彼女欲しい」と言われれば、自分に向けられた言葉だと思ってしまうのも仕方ない。でも、まったくの無意識に出たのなら、それはもうあなたという存在が眼中にないということです。

“女性が気付きにくい男が送る脈なしLINEの特徴”をご紹介しました。

一見すると、自分に気があるのかな……と思って仕方ないものもあります。あとで本音を知って大きなショックを受けないよう、常に冷静さを保つようにしましょう。

(C) Flamingo Images / Shutterstock(C) StockLite / Shutterstock(C) TeodorLazarev / Shutterstock(C) karelnoppe / Shutterstock