後半33分だった。

【写真】岡崎・本田の敬礼シーン

 右サイドからの大迫勇也のクロスが左に流れると、そのボールに追いついた乾貴士がふたたび中に折り返した。

 ゴール前にいた岡崎慎司は、その瞬間、足で行こうと思った。

「クロスから自分が点を取れるところにいようと思っていて、その時も目の前にボールが来たんで、咄嗟に足を出したんですけど……」


「潰れるプレー」でチャンスをつくった岡崎(奥) ©JMPA

 だが、GKが前に出てきて衝突。

 結果的にこれがGKを潰すことになり、逆サイドにいた本田圭佑の前にボールが転がった。岡崎が倒れている中、本田がW杯3大会連続となるゴールを決めた。

 2-2の同点だ。

 すぐに本田を中心に大きな選手の輪が出来た。

 そして、本田が岡崎と顔を合わせるとふたりで「敬礼」ポーズを取った。本田が「やろう」と言ってきたというが、それは2015年のアジアカップ以来、3年ぶりの敬礼だった。

 このゴールを見て、8年前のあるシーンを思い出した。

 2010年の南アフリカW杯、デンマーク戦の3点目のシーンだ。本田がゴールを決められたが、あえてフリーの岡崎にパスを出した。その時、岡崎は本田から「ラッキー」な1点をもらい、本田は「岡崎に最初は出すつもりなかった。こういうところが自分のまだまだなところ」と岡崎に出したことを反省していた。だが、それは同級生で当時、ポジションを失い、苦しんでいた岡崎にみせた本田の優しさだったのだ。

岡崎のプレーを理解しているからこその「敬礼」ポーズ

 そして、このセネガル戦の本田のゴールである。

 このゴールは乾のアシストで岡崎がアシストしたわけではないが、40%ぐらいは岡崎の潰しが利いている。そのプレーを本田は理解しているからこそ岡崎に「敬礼」のポーズを一緒にやろうと伝えたのだ。

 岡崎は、ゴールを決めた同級生を讃えた。

「自分が潰れたのは、アシストがつかないし……。でも、まぁ単純にあの緊張した場面でゴールを決めること、あそこにボールが転がってくるということは、あいつのW杯への強い想いがあるからだし、そういう選手っていないと思うんです。3大会でアシスト、ゴールともに結果を出せるというのはチームに本当にたくさんのものを与えるし、同級生として素晴らしいなと思います」

ベンチスタートとなった岡崎の本音

 8年前、南アフリカW杯で岡崎は本田に1トップのポジションを奪われた。その悔しさを噛み締めていたからこそ、次の2014年ブラジルW杯では主力としてプレーしたいかった。実際、ザッケローニ監督の下で北京五輪世代の岡崎、長友、本田たちが軸となったチームは史上最強とも言われたが、結果を出せなかった。

 あれから4年後、ロシアW杯で岡崎と本田はベンチスタートになっている。

「4年前とちがって僕らもスタメンじゃなくなってきたり、怪我で練習に参加できないことも増えているんですけど。長友は別にして(笑)。それでも自分たちがなんで選ばれているのか分かった上で、このチームで勝ちたいという思いはみんなと共有しているし、その思いを抱きながらも野心は持っている。俺らはもう終わったんじゃないかと言われて、見返す気持ちがないとここまでやってこれないんで」

4年前、ブラジルW杯で得た教訓

 4年前は野心の塊だった。

「自分たちのサッカー」を旗印にして、ブラジルW杯で世界を驚かそうと臨んだ。しかし、結果は10人になったギリシャにすら勝てず、1分2敗でグループリーグ敗退を喫した。

「4年前は、自分たちのサッカーで相手を圧倒したいというのがあった。それが崩れたとき、修正がきかなかった。全然焦る状況じゃなかったけど、こんなんじゃいけないと自滅していった。その経験を含め、足元を見つめ直してきたことが4年後の今、日本というチームを強くさせてくれていると思う」

 4年前のブラジルW杯の経験が活きていると、岡崎はいう。

「今回、集まったとき、『W杯はうまくいかないのが当然。100%の力を出せると思うと痛い目にあう。60%の力でも勝ちきる、引き分けにする』ということを口酸っぱくみんなで言い合っていた。セネガル戦、うまくいかないことを想定しながらサッカーをしているのを見ると、4年前の反省を活かしてここまで来ていると思った。あの経験はムダじゃなかった。だから引き分けに持ち込めたと思うし、同時にW杯を経て成長している部分もあるのかなと思います」

岡崎が思う「日本がもっと勝つための条件」

 今のチームに特別なスタイルがあるわけではない。これといって特徴があるわけでもない。相手に対して臨機応変に戦うスタイルが功を奏している。強みがない分、相手の情報をしっかり把握し、ウィークポイントを突く。ある意味、弱者の兵法ではあるが、それぞれのタスクを11人がしっかりとこなし、岡崎の言う通り1試合ごとにチームが成長している。それが今の日本の強みだ。

 岡崎が言う。

「前半からセネガルのパワーに圧倒されたけど、1-0になっても慌てずに戦っているたし、乾が同点弾を決めるのを見て、すごく頼もしいなと思った。日本代表がさらに勝ち上がるために必要なものは、W杯とともに成長していくことだと思うんです。それをこの2試合を通じて徐々に掴んできている。この先も試合に勝つだけじゃなくて、成長しながら進んでいくことが、勝ち上がっていくための条件だと思います。この試合に満足せずに次は違うものを出していく。このチームはそこを話し合えるし、それがこのチームの強みだと思うんです。

 ただ、このままじゃ上のチームに勝てないんで、そういう意味で次のポーランド戦ですね。ランキングで一番上のチームに対して、どのくらいやれるのか。いろんな意味で大事な試合になると思います」

 岡崎は、チームの成長を肌で感じている。

 セネガル戦では15分間のプレー時間だったが、コロンビア戦よりも体が動いていたし、ゴールの匂いがする場所にも行けていた。あとはチャンスで決められれば、岡崎も本田と並びW杯3大会連続ゴールを実現することになる。

 それが決勝トーナメントを決める一撃になる可能性は、十分にある。

(佐藤 俊)