今大注目の「新しいハワイ」を堪能するなら?あの“神聖な大地”へ

写真拡大 (全2枚)

今年は「新しいハワイ」を発見!

今年の夏休みは、ハワイ旅行はいかがでしょうか?とはいえ、ワイキキでのショッピングも、ノースのかき氷も、もう体験したしなぁ〜という人も多いはず。そんなあなたに、とっておきのディスティネーションをご紹介します。オアフ島の北東に位置する「クアロアランチ」です。

一般人が立ち入ることのできなかった聖地

クアロアランチは、ワイキキから車で40分〜50分と、人気の観光地ノースよりも、意外と近いところにあります。近いのに意外に聞かないなぁという人には、あの『ジュラシックパーク』の映画のロケ地と言うと、わかりやすいかもしれませんね。

クアロアとは、「長い背中」という意味。連なるハワイらしい壮大な山々と、生い茂る木々、目の前には透き通るようなブルーの海。貿易風が海から吹き、心地よく肌の熱をとっていく。

そんな自然豊かなクアロアランチは、古代はカメハメハ王族の人間しか立ち入ることを許されていなかった、神聖なる土地。いくたの神話が存在し、その地の神秘を感じずにはいられない場所です。

守られていた想い

はるか昔、カメハメハ王朝から1300ドルで買い取られた土地は、東京ドーム450個分と、想像できないような広さ。クアロアランチ全体が私有地。どう管理しているのか不思議なのですが、その広大な土地が、切り売りされることなく、今も私有地として存在。荒らされることない景観、整備された牧場が今も続いています。人々の癒やしとなっているこの土地は、存在するだけで、神に守られている…とも思えてくるのです。

数々のハリウッド映画や、国内外のドラマのロケ地として使われているこの地は、『ジュラシックパーク』『ゴジラ』『ジュマンジ』など、ロケ地をバスで回るツアーもありますが、幾度となく買収の話ももち上がったとのこと。そのたびに、この土地を守るために話し合いを重ね、何百年と受け継がれる土地を愛する想いを、現在は6代目が守っているのだそう。

大自然を感じるアクティビティ

ここ、クアロアランチでは、圧倒的に自然を感じるアクティビティが多数そろっています。一番人気は乗馬。ターコイズブルーの海に向かって、大草原を馬で駆け回れるのは、ロケーション的にも珍しいはず!

男性に人気のバギーの他、渡し船で渡るシークレットアイランドでは、プライベートビーチでSUPやカヌーを体験でき、海から山まで大自然すべてを味わえます。

新しいアクティビティも増えているそうなので、何度もハワイに行く人も、こまめにチェックしてみて!

クアロアランチでは、ハワイに行き慣れている人も、もちろんハワイが初めて!という人も、「これこそ本当のハワイだ!」と心の底から感動できる体験が待っているはず。

ピン!ときた人は、今すぐスケジュールを立て始めて!

 

クアロアランチ:https://www.kualoa.jp/

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。ヨガインストラクター育成講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。