12星座【美人幽霊】ランキング 蠍座は深刻な愛から生まれた狂気の美人幽霊!?

写真拡大

 傘が必要な雨降りの日は、服が濡れることもあり、オシャレも行動も遠慮しがちになるでしょう。けれど、そんな湿った空気の中で際立つ、妖艶な美しさで魅せる幽霊画の登場人物のようなステキな人もいます。そんな美人幽霊を12星座でランキングしてみましょう!

■第1位 蠍座……深刻な愛から生まれた狂気の美人幽霊
 深刻な愛し方ゆえの蠍座の執念深さは、「うらめしや〜」のセリフにマッチします。この世に未練を残し、1人さみしく現世を離れた理由は何だったのでしょうか? そんな問いかけをしたくなる悲しみと切なさを感じさせる後ろ姿の美人幽霊のようです。誰も知らない秘密を抱えたまま、秘めた思いを恨みに変えて、美しき美人幽霊としてよみがえる……まさに、水もしたたる美人幽霊でしょう。放たれる狂気は生霊を意味しているのかも!

■第2位 乙女座……愛のために尽くした正統派美人幽霊
 日々献身的に尽くし、相手のために役立つ自分に喜びを感じる、ひたむきで誠実な乙女座です。数ある日本の古典怪談に登場するような、真面目で優しい妻は乙女座に符合します。夫の裏切りで怨霊に変わるエピソードは、一途な愛を失ったつらさと恨みを持った美人幽霊の思いそのものでしょう。屏風や行灯の後ろからこちらを覗く美人幽霊……乙女座ならではの透明感が、うらみつらみを純粋に輝かせ、正統派の美人幽霊を生むのです。

■第3位 双子座……好奇心のままに出没する美人幽霊
 気持ちの切り替えの早い双子座は、恨みとは無縁に思えるでしょう。確かに無縁かもしれません。けれど思わぬところに登場して人を驚かせる茶目っ気と、この世を去ったあとにも気になる相手に会いに行こうとする軽い気持ちが、双子座を美人幽霊にさせます。思いつめた様子はなく、歌舞伎の演目のポスターに登場するような、派手な驚かせ方をするポップな美人幽霊です。毎回手を変えて、遭遇する者の心臓を止めそうになるでしょう。

 第4位は、恨みを忘れない蟹座。生首や内臓を手に持つおどろおどろしい美人幽霊姿で、見せしめ&仕返しを目論みそう! 第5位の水瓶座は、色白のせいか、普通にしていても美人幽霊に見える傾向が!?

 第6位の牡牛座は、普段の我慢が爆発すると、般若のような形相のおそるべし美人幽霊に! 第7位、優柔な魚座は、そこにいるのかいないのかがわかりにくい、半透明の美人幽霊としてご登場!?

 第8位は、現実派の山羊座。何の恨みを持っているかが一目でわかるように、恨みのテーマを見た目で表現する美人幽霊に。第9位の射手座は、いろいろなところに行きたい気持ちから、頭上を浮遊する美人幽霊を目指すはず。

 第10位の獅子座は、華麗に目立とうとしてしまうので、美人幽霊として認識されない傾向が……。第11位、思い切り生きる牡羊座は、未練を残さないので、美人幽霊になれないでしょう。

 第12位は、美しくありたい天秤座! 美人でいることはもちろんなのですが、未練を残して髪を振り乱したり、恨みの形相で人を怖がらせる幽霊にはなりたくないのでしょう。「美人幽霊」と言われる喜びよりも、幽霊にならずに美しく成仏する道を選びたいタイプです。

 幽霊画が流行した江戸時代は、裕福な家が幽霊画を飾り、夜に近所の人を集めて怪談話を楽しんだそうです。人間味を感じさせる幽霊画には、作者不明の作品も多く、いろいろな意味でミスリアス! 毎年夏に公開される幽霊画展もあるので、ぜひ一度、実物にご対面してみては?
(LUA)※画像出典/shutterstock