出典: https://www.shutterstock.com/

年上の女性に憧れを抱いている、恋愛対象として意識している、という男性はたくさんいます。

でも、ちょっと残念に感じるような言動や態度を目にしてしまうと、そんな気持ちが一気に冷めてしまうことも……。

そこで今回は、年下男子から「残念だな」と思われてしまう女性の特徴を紹介します。

 

■「若作り」をしすぎている

いくつになっても若々しい女性はすごく魅力的ですし、男性も思わず惹かれてしまうはずです。ただ、明らかに若作りをしすぎている女性は、魅力的に見えるどころか、男性からはドン引きされてしまう可能性が高いでしょう。

髪型やメイク、ファッションなどに、若い感性を取り入れるのは素敵なことですが、やりすぎてしまうと逆効果になるだけ。大人の上品さや女性らしさの中に若々しさも垣間見える感じが、年下男性をドキッとさせる大きな要素になりますよ。

 

■「おばさんネタ」が多い

「どうせ私はおばさんだからね」とか「おばさんだからすぐ疲れちゃうの」などと、“おばさんネタ”や“自虐ネタ”があまりにも多いと、男性をガッカリさせたり、どう対応していいのかわからず困らせたりするもの。

おばさんだなんて思っていなかったのに、おばさんネタが多すぎることで、おばさんっぽい印象を植え付けてしまう可能性だってあり得ます。

軽く冗談程度に言うくらいならいいですが、自虐をしすぎると男性からは“女”として意識されなくなることもあるので気をつけましょう。

 

■「言葉遣い」が年相応じゃない

年相応の言動や言葉遣いができていない女性は、年下男性からも幻滅されてしまうはず。いい年齢なのに若者言葉を使おうとする女性は、頭が悪そうにも見えますし、必死に若者文化にしがみつこうとしているようにも見えるでしょう。

また、自分のことを下の名前で呼んだり、古い流行語を使ったりするのも、やはり男性にはいい印象を与えません。言葉遣いはちゃんと大人な対応ができていないと、ひとりの人間としても尊敬できないので、年下男性からの憧れも薄れてしまいます。

 

■「若い人」を批判ばかりする

「最近の若い子ってさ」とか「私たちが若い頃はさ」と、若い人の批判ばかりをするのは、おばさんっぽく見られてしまう典型的な行動です。つい言いたくなる気持ちもわかりますが、口癖にはならないように気をつけましょう。

頭ごなしに批判や否定をするのではなく、若い人の考え方もちゃんと受け入れてくれる女性だと、年下男性も近づきやすくなります。感性が若い感じもするので、一緒にいて楽しい時間が過ごせそうだと思ってもらえるでしょう。

 

やはりきちんと大人な部分を持った女性に、年下の男性は憧れや恋心を抱いたりするものです。「残念だな……」と思われてしまわないように、今回ご紹介したポイントには気を付けましょう。

自立できていて凜とした年上女性の姿には、男性も思わずドキッとしてしまうかもしれませんね。

【画像】

※ Estrada Anton/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】