ゆったりカフェタイム。
ふわ甘なシフォンケーキをお目当てに。東京のシフォンケーキが美味しいくつろぎカフェ3選

優しい甘さとそのエアリー感でファンが多いシフォンケーキ。そこで今回は東京都内にあるシフォンケーキが美味しくて、落ち着くくつろぎカフェをHanakoが3店ピックアップしました。こだわりのシフォンケーキを食べて、のんびりリラックスしたカフェタイムを。

1.豆の個性を引き立てる街角の小さなロースタリー〈SUNNY COFFEE〉/日本橋

豆の個性を引き立てる街角の小さなロースタリー。店主の上杉孔さんが自家焙煎した豆を1杯1杯エアロプレスで抽出したスペシャルティコーヒーが人気。「産地の個性を味わってもらいたい」とコーヒーの多くはシングルオリジンが中心。

奥様の南実さんが作るスイーツを合わせ、ほっこりした時間を。本日のコーヒー350円、バナナのシフォンケーキ300円。

(Hanako1142号掲載/photo : Kenya Abe text : Kimiko Yamada)

2.ボサノヴァを聞きながらシフォンケーキとコーヒーを〈三十間 銀座本店〉/銀座

新たに日比谷ミッドタウンがオープンし、映画もショッピングもさらに充実した銀座エリア。だからこそ休日はどのカフェも混雑しているのでは…。なんて悩みも大丈夫。ここは、地下に続く階段を降りると広々としたスペースが広がっている穴場カフェなのです。

〈やなか珈琲〉が営むフルサービスのカフェ。豆の鮮度にこだわって抽出する「本日の水出しアイス珈琲」960円はすっきりとした飲み口。甘酸っぱいベリーソースの「シフォンケーキ フルーツトッピング」900円(各税込)とともに。

(Hanako1153号p72掲載/photo : Taro Hirano text : Yukari Akiyama)

3.元気が出そうな、安心シフォンケーキ〈foodmood〉/国立

料理研究家・なかしましほさんが営むお菓子屋さん。店に並ぶのは、食べると元気になれそうな、安全な国産素材で作る手づかみおやつ。

なかでも人気なのが、季節を活かしたこのサンド。東京・青梅産の卵と、サラダ油がわりに使う菜種油、豆乳で作るシフォンは、驚くほどしっとりで、果実やクリームと幸せの一体感。450円。

〈foodmood〉
■国立市西2-19-2
■10:00〜17:00(16:30LO)/日月休 
■15席/禁煙