『占い芸人育成プロジェクト』占い師選抜編〜次世代を担う占い芸人を発掘!〜

写真拡大 (全4枚)

 第二の島田秀平は現れるか? 次世代の占い芸人を育てる『占い芸人育成プロジェクト』(占いTV:uranaitv.jp)がいよいよ始動した。「我こそは」と手を挙げた106名の吉本芸人の中から、占い師として活躍する可能性を秘めた人を選抜。約2カ月でプロに育成し、うち5名が7月14日・15日・16日に開催される『占いフェス presents Luck Out!』でデビューするという、一大プロジェクトである。

 第1回は、応募者106名から研修に参加できる50名に絞り込む「1次審査」の様子が放送された。まずは、占い師が「占い師に向いている芸人」を選抜する。知性派アストロロジャー・SUGAR、人気占い店 店長・まついなつき、開運セラピスト・紫月香帆の3人がそれぞれの基準により選んだ芸人は誰なのか?

■SUGARが選んだ7名は?


SUGARが選抜した7名はこちら

 SUGARは全員のホロスコープを鑑定し、「インパクトのある言葉を使えそうな人」「自分の世界観を作れそうな人」という基準で7名を選び出した。

 SUGAR選抜の1人が、芸人の傍らヒーリングサロンも開いているというエンジェル こま。自身の霊感を生かし、オーラを見たり、スピリチュアルメッセージを伝えたりしているという。「私の背中の羽見えます? 心がキレイな人しか見えないんですよ。幸せ、ごエンジェル〜」と、しゃべりもキャラも立っていて、すぐにでも占い芸人としてデビューできそうな完成度。最終選考まで残るか、期待も大きい。

■紫月が選んだ7名は?


紫月が選出した7名はこちら

 紫月は姓名判断で「明るさを持っていてポジティブにメッセージを伝えられる人」「2カ月で教えたことを吸収できる器用な人」という基準にかなう7名を選抜した。

 紅一点の美美(びび)は、「肩に腫瘍ができたけど、自分の『ある力』を使って手術せずに治した」という何とも不思議な力の持ち主。美美がいったいどんなパワーを持つのかも気になるところだが、実は66歳という年齢にスタジオは騒然。MCのオリエンタルラジオ・藤森慎吾(35)も「むちゃくちゃ若いじゃん! 超キレーじゃん」とテンションアップ。美美が今後の選考に残るのかにも注目したい。

■まついが選んだ4名は?


「占い芸人以外道はない」とまついに断言された4名

 まついはSUGAR、紫月よりも少なめの4名を選抜。基準は「芸人らしい、我の強い人は選考外」という一風変わったものだった。まついによれば、短期間で育成するため「教えたことをスルスルと吸収するような人がいい。だから我の弱い人を選んだ」とのこと。「我が弱い」とまついお墨付きの芸人は次の4名である。

 まつい選抜の1人、バンジージャンプ・柴田雄二が、自己紹介を兼ねて思いを語り始めた。「おばあちゃんが“視える人”で、『数字の6に気をつけろ』と言われていたのに無視したら事故に遭った」と、オチのあるようなないようなトークを展開。スタジオが微妙な空気に包まれるのを見たまついは満足そうに大きくうなずく。「ね、おもしろくないでしょ? 私が選んだのは、個性を出さずに言われたことをそのままやってくれる人、占いやるしか道がない人。芸人さんとして自分の色を出せる人はあえて選びませんでした」と「我の強い人は除外」を基準にした理由を力説した。

 6月24日(日)21時から放送の第2回『占い芸人育成プロジェクト』では、50名に絞られた候補者が、それぞれ占いを学んでいく様子が配信される予定。その中には、M1チャンピオンなどよしもとの人気芸人も含まれるというから見逃せない。はたして『占いフェス presents Luck Out!』に登場するのはどの5人になるのか。引き続き注目していこう。
(ニコ)

>>動画で見る(占いTV:uranaitv.jp)