出典: https://www.shutterstock.com/

ちょっぴり頼りないけれど、ペットのような可愛らしさがたまらない年下彼氏。ニコっとはにかんだ顔に心打たれて、つい甘えを聞いてしまった経験はありませんか?

でも、ヨシヨシしすぎはちょっぴり危険! いつのまにかヒモ彼氏になっている可能性も……。

そこで今回は、アラサー女性を対象に“年下彼氏”に関するアンケートを実施。ダメだと分かっていながらも、ハマってしまった“年下ヒモ彼氏からのLINE”をピックアップしてみました。

 

■「一緒に〇〇食べに行きたいな」

「3つ年下のカレは、給料日になると必ず“一緒に〇〇食べに行きたいな”ってLINEしてくる。もちろんお会計はすべて私持ち。甘やかしたらイケナイって分かってるけど、美味しそうにご飯を食べるところを見るとつい連れて行ってしまうんだよね。」(30歳/事務)

とにかく甘えん坊のヒモ男は、「〇〇食べたいな」「〇〇欲しいな」とおねだり上手! 給料日後になると頻繁に連絡がくるような年下くんには要注意ですよ。

「分かっているけど」とカレの喜ぶ顔が見たくてお金を出してしまう女性がたくさん。今は食事程度のおごりで済んでいますが、次第に要求がエスカレートしてくることをお忘れなく……。

 

■「俺に似合いそうな〇〇見つけた」

「大きな買い物をする前になると、決まって“どうかな?”と相談してくるカレ。この前も“俺に似合うスニーカー見つけたんだけど、〇万円足りなくてさ”ってLINEが来て、最終的にお金を貸す羽目に……。やっぱりいいように利用されてるよね。」(29歳/IT)

欲しいものがあるけれど、お金が足りない……。そんなとき、ヒモ男たちは「俺に似合いそうな〇〇見つけた」「〇〇ちゃん好みの洋服だと思うよ」なんて言葉巧みに女性を説得してくるようですね。

間違っても「〇万円足りないから、ちょっと貸して!」「出世払いする」「〇倍返しする」といった口約束を信用してはいけません。ATMのように都合よく利用されるのがオチですよ。

 

■「財布忘れちゃったから迎えに来て!」

「仕事を終えて帰ろうと思ったら、カレから“財布忘れちゃった。〇〇にいるから来てくれない?”ってLINEが来て思わず“大丈夫?”と送ってしまった私。これだからヒモ男の餌食になるんだよね」(33歳/金融)

どんなに格好良くて優しい男性でも、お金の要求ばかりしてくるようになったらアウト! 「財布忘れた」「お金下ろすの忘れた」なんて言い訳にも注意が必要ですよ。

ちなみにこの女性、度重なるヒモ事件に耐えられなくなって「私はあなたの親じゃない!」「いい加減にして!」と怒りをぶつけたら、パタッと連絡が途絶えたといいます。残念ながらお金だけで繋がっていた関係だったようですね。

 

純粋な“愛”ではなく、“お金”で繋がってしまった男と女。その結末は、残念ながらハッピーエンドからはほど遠いものです。

あなたも将来のことを考えるなら、できるだけ早い段階でサヨナラした方が情が移らずに済みますよ。

【取材協力】

※ 20〜30代独身女性

【画像】

※ pathdoc/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】