代表通算ゴール数を「85」とし、歴代単独2位に浮上したC・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

モロッコ戦の一撃でAマッチ通算85得点、プスカシュを抜き歴代単独2位

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間20日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のモロッコ戦でチームを勝利に導く決勝弾を挙げ、代表通算ゴール数を「85」に伸ばした。

 このゴールにより元ハンガリー代表の伝説的FWフェレンツ・プスカシュの記録を超えて歴代単独2位に浮上し、欧州最多得点記録を更新したことで、英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が「A代表歴代得点数トップ10」を紹介。日本代表の最多得点記録を持つ釜本邦茂氏らがランクインした。

 現役選手で唯一のランクインとなったロナウドは、現在開催されているロシアW杯で4ゴールを記録。特に初戦のスペイン戦(3-3)で見せたハットトリックは世界に大きなインパクトを与え、改めて記録を含めて現役最高のストライカーであることを証明している。

 そのロナウドを世界で唯一上回っているのが、イランが誇る英雄アリ・ダエイだ。1990年代から2000年代前半まで、日本代表も大いに苦しめられた長身ストライカーは、世界でただ一人国際Aマッチ通算3桁ゴールを記録(109得点)。2014年にはAFC初代殿堂入り選手となるなど、アジアを代表するストライカーとして世界に知れ渡っている。

 その他にはロナウドに抜かれ歴代3位になったハンガリーの伝説的ストライカー、プスカシュが84得点、近年では元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが71得点で10位タイとなっている。


日本のレジェンド釜本氏は歴代4位

 また、日本代表史上最高のストライカーと呼び声の高い釜本氏は、1964年から1977年の間に84試合で80得点を記録して4位にランクイン。1968年のメキシコオリンピックではナイジェリア戦でハットトリックを達成すると、準々決勝のフランス戦の2ゴールを含めて大会得点王に輝いた。さらに同誌は「最高の1年」として、1972年に8試合で15ゴールを記録したことを紹介している。

 ロナウドとアリ・ダエイの差は24得点。さすがに厳しい数字のように思われるが、33歳となった今も衰えを見せないロナウドのことを考えると不可能ではないと思わせてくれる。果たして、今大会ではどれほどの得点を積み重ねるのだろうか。

 英誌「フォー・フォー・トゥー」による「A代表歴代得点数トップ10」は以下のとおり。

1位 アリ・ダエイ(イラン代表/149試合109得点)
2位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表/152試合85得点)
3位 フェレンツ・プスカシュ(ハンガリー代表/85試合84得点)
4位 釜本邦茂(日本代表/84試合80得点)
5位 ゴッドフリー・チタル(ザンビア代表/108試合79得点)
6位 フセイン・サイード(イラク代表/137試合78得点)
7位 ペレ(ブラジル代表/92試合77得点)
8位 バシャール・アブドゥラー(クウェート代表/133試合75得点)
8位 シャーンドル・コチシュ(ハンガリー代表/68試合75得点)
10位 キンナー・フィリ(マラウィ代表/115試合71得点)
10位 ミロスラフ・クローゼ(ドイツ代表/137試合71得点)
10位 マジェド・アブドゥラー(サウジアラビア代表/147試合71得点)


(Football ZONE web編集部)