色白さん必見!頑固な青クマを撃退するスキンケア&メイクテク

写真拡大 (全7枚)

一度できてしまうとなかなか消えない青クマ。睡眠不足やスマホなどによる目の疲れが原因で「いつもクマがあるんです…」とお悩みの方も多いのでは?特に色白肌さんは青クマができやすく、目立ちやすい体質。今回は青クマに悩む色白肌の筆者が自宅で実践しているオススメのスキンケアとメイクテクをご紹介します。

【詳細】他の記事はこちら

この記事を試すのにかかる金額

エファクトアイゾーンセラム 美容液 28ml 3,800円(税抜)
イプサ クリエイティブコンシーラーEX 3,500円(税抜)

まずはクマの種類をチェック!

クマは大きく3つに分類でき、色素沈着が原因の「茶クマ」、加齢による目の下のたるみなどが原因の「黒クマ」、目の周りの血行不良が原因の「青クマ」があります。

睡眠不足や疲れ、ストレスなどにより目の周りの血の巡りが滞り、毛細血管が透けてみえる「青クマ」。目尻を引っ張って色が薄くなるのが特徴です。まずは気になるクマの種類をチェックしてみてください。
青クマだな、と思ったらこれからご紹介する対策をぜひ取り入れてみてくださいね。

青クマ対策〜スキンケア編〜

青クマの場合、血行不良が原因なのでホットタオルやマッサージで血行をよくするのが効果的。
筆者はホットタオルの代わりに「目元エステ」を週2回使用し、目の周りを温めて疲れを癒しています。

・パナソニック 目元エステ

「蒸気でホットアイマスク」も併用中です。

・めぐリズム蒸気でホットアイマスク

マッサージをするときは、血行促進効果のあるアイクリームを使用してすべりを良くし、目の周りのツボを優しくプッシュ。

皮膚科で「ビタミンKクリーム」を処方してもらったり、市販の美容液「エファクトアイゾーンセラム」を使用するといいですよ。

・エファクトアイゾーンセラム

青クマ対策〜メイク編〜

目の下の皮膚は、薄く表情による動きの多い部分なので、ファンデーションの厚塗りで隠そうとすると、不自然になったりひびが入ってしまうことがあります。
また、クマに合わないカラーを使用して余計に目立ってしまうなんてことも…。

キレイに青クマを隠すコツは、スキンケアの時点で目の下に水分をたっぷり含ませ、肌と一体化させるように薄くナチュラルにコンシーラーを馴染ませること、青クマに合うカラーを使用することの2つです。
イプサのような明るい暖色系のコンシーラーがおすすめ。

・イプサ クリエイティブコンシーラーEX

【使用法】

 .好ンケアで十分に目の下を保湿した後、真ん中のオレンジを付属の筆につけます。
◆’づきになるよう白い余白の部分で軽く落とします。
 クマが透けて見えている部分に目頭下から伸ばし、筆&指で馴染ませます。
ぁ〔椰下には一番下の明るいカラーをのせて、筆&指で馴染ませたら完成。

試しに左側だけコンシーラーを使用しました。
右側に比べると自然にクマが消えて見えませんか?

以上、青クマ対策のスキンケアとメイクテクをご紹介しました。効果的な対策を取り入れて、夏に向けてお疲れ顔にさよならしましょう♡

「#スキンケア」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■メイクの仕上がりを左右する!優秀アシスタントコスメ5選
■透明感を演出するメイク術!くすみカバー下地・コンシーラー
■クマを消すには?短時間で解消できるとっておきの方法
■メイクのプロでも難しい!?『透明感』をつくる4つのポイント
■目指せ色白美人♡コスメのプロおすすめ!春の最新美白美容液3選