普段のメイクにプラス5分♡ひと手間であか抜け美人メイク術

写真拡大 (全8枚)

普段のメイクが少しマンネリ化してるかも…。でも気に入っているアイメイクやチークは変えたくない。そんな時はハイライトとシャドウで顔に立体感を出してみてはいかがでしょうか。今回は一手間で垢抜ける、ハイライトとシャドウの入れ方をご紹介します!普段のメイクにプラス5分するだけでできますよ♡

【詳細】他の記事はこちら

使用アイテム

使用するのはPROFUSIONのシャドウ&ハイライトパレットとセザンヌのアイシャドウ。

・PROFUSION シャドウ&ハイライトパレット

・セザンヌ エアリータッチシャドウ04 カシスブラウン

シャドウ&ハイライトはマットタイプの方が主張が弱く、普段のお仕事メイクには適しています。夜に特別な予定があって、ツヤ感を足したいときはパールの入ったハイライトに変えてみてください。

メイクの手順

ポイントは光と影の位置をしっかり意識すること!

 PROFUSIONの一番明るいハイライトを眉の上とおでこの真ん中に入れます。おでこの真ん中はたまご型になるように入れると女性らしい印象に。

◆“の下と鼻筋に一番明るいシャドウを入れます。この色はお使いのアイシャドウパレットの濃い色で代用することもできます。
アイシャドウパレットとシャドウパレットの色味が違いすぎると顔に統一感が出なくなってしまうので要注意。
一番美人見えしやすいシャドウなので時短テクで普段メイクにここだけ足すのもアリ。

濃くなりすぎると舞台メイクのようになってしまうので引き算も大切です。

 アイシャドウをのせていきます。いつもどおり、アイホールにブラウンを薄くのせていきます。その後、一番明るい色を瞼の真ん中に円を描くように入れます。このハイライトは眼球の一番高い位置に光が集まることがポイントです。ハイライトを利用すると、立体的でぱっちりした瞳に見えるようになります。

ぁ〆埜紊乏椶旅に沿ってシャドウパレットの一番明るい色のシャドウを入れます。ほおに向かって境界線がぼけるように入れたいので、メイクブラシを使用するといいでしょう。小顔効果があるので顎がシャープに見えます。

ァ,海譴粘粟です。眉の下の骨、鼻筋、眼球のかたちを立体的にすることで垢抜けた印象を作るメイクです。指で触ってこれらの位置をしっかり確認しながらメイクしていきましょう。

ハイライトやシャドウはコツを掴んでうまく取り入れられるようになると、“すっぴんも美人なんだろうな”という印象になれるメイクテクです。

お手持ちのチークやアイシャドウの中から明るい色と暗い色を使用することでも代用できるので、ぜひトライしてみてください。

「#メイク術」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■効果を知ったらやらない選択肢なし!顔ちっちゃっ!のメイク術
■ナチュラルメイクに大活躍!!ハイライトの使い方
■ひと手間が「垢抜け」を叶える♡美人がやってるメイクテク
■「肌キレイだね」って言われちゃう♡ツヤ肌生み出すメイクレシピ
■買って損なし!メリハリ顔&小顔を叶える神コスメ5選!