開幕前、他の11球団がうらやむほどの「左腕王国」を築くと思われた横浜DeNAの若手左腕たちで、明暗が分かれている。開幕投手を務めた4年目の石田は、ここまで9試合に登板し1勝5敗。昨年11勝を挙げた3年目の今永は5試合で投げ、1勝4敗で現在2軍。さらに昨年ルーキーながら10勝を挙げた浜口も好投しながら6試合で未勝利だ。そんな中、ルーキーの東はチームで唯一、規定投球回数に到達するなど開幕から先発ローテを守り5勝3敗、防御率も2.63と好成績を収めている。この様子に巨人・中日の捕手として17年プレーした解説者の小田幸平氏は「何も知らない方がいい結果につながることもある」と指摘した。

 「2年目のジンクス」と言われるようなプロの壁は、プロ野球選手なら遅かれ早かれぶつかるものだ。横浜DeNAの左腕たちは、ここ数年ルーキーイヤーから先発を任されることが多く、また結果にもつながっていた。「東はまだ恐いものを知らなくて、そのままどんどん押していっているのがいいと思います。ああだ、こうだと考え始めるとおかしくなるので、1年目はそれでいいと思います」と、まさに恐いもの知らずの勢いが、活躍の最大の要因だと説明した。

 苦戦しているのはプロ2〜4年目の3人だ。コンディションの問題もあるが、相手もプロの打者。チームで研究し、それを頭に入れてくれば、活躍した年のようにすいすいと抑えられることは減ってくる。「相手も研究してきますからね。そこをどうにか越えていけるのが一流選手です。そこでみんな足踏みをしている状態だと思います。考えて投げているのが、『凶』に出ている感じですね」と、悩みながら投げ続けることが悪循環を招いている。

 通用していたボールが打たれ始めれば、打者に対して新たな攻め方も考えなくてはいけない。それが本来の投球スタイルにはないものだとすれば、バランスを崩し、制球が乱れることもある。「考えすぎてフォアボールを出すこともあるだろうし、自分を窮屈にすることもあります。ここから自分のフォームを修正するのか、バッターの弱点をつく勉強をするのか。そこにぶちあたっている気がしますね」と、まさにプロの壁に直面している状態だという。

 交流戦を終えてチームは借金2。とはいえ、順位は首位広島に4ゲーム差の2位で、セ・リーグ再開を迎えることになる。20年ぶりのリーグ優勝、日本一を目指すチームにとっては、3人の左腕が復調し、本来描いていた「先発左腕カルテット」の完成することが、悲願達成への条件だ。“四男”東の投げっぷりに、先輩3人がどう刺激を受けて復活するか、注目だ。

(C)AbemaTV

▶6/26 17:50〜 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs阪神タイガース
▶6/27 17:50〜 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs阪神タイガース
▶6/28 17:50〜 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs阪神タイガース