天才テリー伊藤対談「壇蜜」(1)まさかの別ルートでテレビ出演が!

写真拡大

●ゲスト:壇蜜(だんみつ) 1980年、秋田県生まれ。大学卒業後、専門学校で調理師免許を取得。和菓子工場、銀座のクラブのホステス、葬儀場など、さまざまな職業を経て、2009年、28歳の時にゲーム「龍が如く4 伝説を継ぐもの」のオーディションに合格し出演。10年、雑誌のグラビア企画にプロフィール写真を送付してグラビアデビュー。同年、芸能事務所にスカウトされ、映画やドラマ、バラエティーにと活躍の場を広げる。現在は「サンデー・ジャポン」(TBS系)にレギュラー出演中。今年4月より「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(文化放送)の水曜パートナーを務めている。

 つややかな黒髪と妖艶なムードで瞬く間にグラビア界を席巻、多彩な才能で現在タレントとして多忙な日々を過ごす壇蜜。そんな彼女のブレイクは、この連載がきっかけだった!? 前回登場から6年ぶりに、天才テリーを相手に仕事、恋愛、結婚をじっくり本音で語り尽くす!

テリー 「サンデー・ジャポン」ではいつも会っているけど、前にこの連載に出てもらったの、6年前らしいよ。その間に、すっかりビッグになっちゃったね。

壇蜜 とにかく誤算だらけの6年でしたね。前に出させていただいた頃は、もうテレビには出られないと思っていたんですよ。

テリー え、どうして?

壇蜜 これ、初めてお話しするんですけど、テリーさんと対談させていただく前、ダメもとで「サンジャポ」のオーディションを受けていたんです。

テリー へぇ、そうだったんだ。

壇蜜 そしたら、「『サンジャポ』は、ジャンプして胸が揺れないと女性ゲストは出せない」と言われて、お話ししていたファミレスのその場所でジャンプさせられたんです(笑)。

テリー したの? セクハラもいいところじゃない。

壇蜜 アハハハ。で、「○○ちゃんみたいに胸が揺れないからダメだね」「じゃあ、今回は縁がなかったということで」みたいなことを言われ、当時のマネージャーと意気消沈して。

テリー そんな扱いだと確かにガッカリするよね。

壇蜜 はい。デビューから3年で芽が出なければ、芸能活動を辞めることを親と約束していたんですけど、まさにそのタイミングで。映画でヌードにもなったし、ますますテレビの門戸が狭くなるなら、もう(前職の)大学病院に帰るしかないな、と。

テリー そんな切羽詰まった時に、この対談を?

壇蜜 はい。この対談をきっかけに、テリーさんが私を「サンジャポ」に紹介してくださったんですよね。

テリー 俺、この対談連載を20年以上やっているんですよ。今まで1000人以上の人とお話しさせていただいているんだけど‥‥。

壇蜜 すごい!

テリー その中で、壇蜜さんは圧倒的に強い印象を残したゲストなんだ。間違いなくベスト3に入る。

壇蜜 本当ですか、うれしい! ベストセレクションに入れてもらえるんですね(笑)。

テリー 女性ゲストでは1位だね。あのあと、すぐに「サンジャポ」のプロデューサーに集まってもらって、「すごい子がいるから、絶対に呼ぶべきだ!」って伝えたの。

壇蜜 連絡をいただいた時は「こんな別ルートがあったよ!」ってマネージャーと2人で大喜びして、初めての「サンジャポ」に1980円の衣装を着て出たんですよ(笑)。

テリー 懐かしいなァ、それがもう6年前なんだ。あっという間だね。

壇蜜 はい、それから雑誌や新聞で文章を書く仕事やナレーションのお仕事、さらにNHKにも出していただけるようになりました。お仕事の間口が広がっていったのは、テリーさんのおかげです。本当にありがとうございます。

テリー フフフ、アサ芸もたまにはいいことをするんですよ。