仲のいいカップルでも悩みがちなのがラブライフ。セックスの頻度や嗜好などをどうやってふたりが満足するような形で続けてゆくのか、なかなか難しいところです。セックスをタブー視していると、カップルとはいえ本音で話せなくなってしまうでしょう。
そこで、いつまでも熱いラブライフを送るヒントをお伝えしましょう!

充実したラブライフを送るヒント

1. 「私たちふたりにとってベストなセックス」を模索しようとする

そもそも、どんなカップルにも当てはまる理想的なラブライフなんて存在しません。それなのに私たちの多くが「カップルなんだからたくさんセックスしたほうがいい」「毎回最高のオーガズムに達するようなセックスをしなきゃいけない」なんて理想に振り回されています。
でも、ふたりにとってベストなセックスはふたりで模索する以外にないのです。メディアや世間のイメージに惑わされず、自分たち主体で考えてみましょう。

2. 言葉やはっきりした態度でなくても「したい」と伝えるサインを考えておく

カップルとはいえ、ストレスや一時的な体調不良などで性欲が落ちたりすることはよくあります。そんな時、相手からあからさまにセックスを求められるのも精神的につらいですよね。そんな負担を軽くするためにも、したい時にこっそり伝えるサインを考えておくとよいでしょう。
言葉や態度で直接的に迫られるより、お互い気楽にコミュニケーションがとれるようになるはずです。

3. 「ふたりでベッドに入れば、すぐに彼が求めてきてセックスできる」という幻想は捨てる

「セックスはいつも男性から求めてくるもので、自分はそれに応じる役回り」と思い込んでいませんか? でも世の中の男性だって、常にガツガツしていて彼女とベッドに入れば“スイッチオン”になれるわけでもありません。
疲れていてそれどころじゃなかったり、彼女のことは愛しているのに体が反応しないということはよくあるのです。何の努力もせずに、セックスは自然発生的に行われるという幻想は捨てましょう。

4. 現実的な範囲でセックスをスケジュール化してみる

お付き合いの長いカップルほど関係がマンネリ化し、セックスレスになりやすいと言います。一度レスの期間が続いてしまうと、復活するのが気まずくなって、ますますセックスが遠のいてしまうという悪循環に。
これを断ち切るにはあらかじめ“スケジュール化”しておくという意見もあります。「週2回はする」「金曜日の夜はセックス前提でデートする」なんて現実的な範囲でルールを決めておいてはいかがでしょうか?

5. すぐにベッドインするのではなく、寝る前にふたりでスローダンスをする

海外の映画では、よくカップルが家でキャンドルライトを灯しながらスローダンスをするというシーンがあります。自宅でもこうやってロマンティックな演出をして、スローダンスというかたちでスキンシップを十分に図っておけば、セックスムードになりやすいでしょう。
このように、ムードを演出するという意識も大切です。

6. 妄想やひとりエッチで、セックスを楽しむのも悪いことではないと考える

いつもパートナーと最高のセックスをできればいいですが、現実はなかなかそうはいきません。でも、だからといってフラストレーションを抱えることはないのです。エロティックな妄想やひとりエッチで自分なりに楽しむのは悪いことではありません。
パートナーを裏切るような行為はよくありませんが、セックスを楽しみたいという気持ちそのものに罪はないし、自分のセクシャリティを追求する上でも大切なことでしょう。