『第10回AKB48世界選抜総選挙』で2位を獲得したSKE48の須田亜香里が、総選挙後の握手会を終え、21日に更新したアメブロで、改めてファンへの感謝をつづっている。

SKE48公式ブログよりスクリーンショット

 須田は、まず話すことができたファンに対し、総選挙が終わった直後の温度感を知ることができたといい、また会えなかったファンにも「改めて ありがとうの気持ちを早く伝えたくて胸がいっぱいになりました。」とコメント。

 続けて「全力で総選挙を楽しんでくれたこと 私推しじゃない方も協力してくれたこと みんながありったけのお友達に私の話をして票を集めてくれたこと だからこそ 発表された時はどの瞬間に嬉しかったとか 推し席では知らない人と気付いたらハイタッチしてたよー と照れながら話してくれる人もたくさんいてすごく幸せでした」と、ファンとの会話を振り返り、「これからも 来月になっても 半年先になったとしても 丸一年かけて いつでもそういう話しに来てほしいな。」とつづった。

 スピーチを聞きなおすと、「もっとありがとうって言ったらよかったなぁ」などといった後悔もあると明かしつつ、「今は2位のプレゼントを胸に歩き続けるから そんな私を日々楽しんでもらうことで少しでもありがとうを伝えるから どうか受け取ってね。」と締めくくった。

 ファンからは、「2位の発表の時、泣きました!あかりんを誇りに思うよ」「2位になってから24時間もたたない内に喜び会えたあかりんとの握手とにかく嬉しかったなぁ」「可愛くて綺麗なあかりんが大好き」「これからも応援してますっ」などの声が寄せられている。