中村倫也オフィシャルブログ

写真拡大

俳優の中村倫也が20日に更新した自身のアメブロで、2018年の上半期を振り返り、自身の思いを述べている。

この日、約1ヶ月ぶりにブログを更新した中村。「今年の春は盛りだくさんでしたねえ!」と、映画『孤狼の血』、ドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)、ドラマ『ミス・シャーロック Miss Sherlock』(Hulu)、連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK)など自身の出演作を列挙し、「どれも個性的なキャラ達で、演じていてとても楽しかったですし、同時期にこういうラインナップになることは世間もファンの皆さんも混乱するだろうと、昨年暮れくらいから一人ニヤニヤしてました。笑」と明かした。

中村は「視聴者の、追いかけてくれてるファンの、想像を常に超えていく」といい、「そのために、虎視眈々と日々を過ごす。これが僕にとって一番のモチベーションでありストレス発散法なんだと再確認した春でした」と上半期を総括。「有難いことに情報番組やバラエティーなどでも中村倫也を取り上げてもらえることが多くなり、ほんと数年前からは信じられない状況です」と感謝を述べた。

続けて中村は「既にご存知の方も多いかと思いますが、ワタクシ本出します」と、8月1日に出版される著書『童詩』を紹介。「写真もインタビューも、本当にいっぱい。5年という歳月をしっかりと感じられる一冊になっています。これを見れば、中村をより知れる。古参も新参もよだれモノ、ほっぺた落としちゃうぞー。買ってね」とアピールした。

この投稿に「この春は、色んな姿の中村さんが見られて幸せでした!」「本当に同一人物か?ってくらいのカメレオンぶり」「俳優さんとしていろんな役を演じている倫也くんを観るのが楽しみだし、本も楽しみです!」などのコメントが150件以上も寄せられている。