一般的に友達が減り始める年齢は20代後半頃からと言われています。30歳を過ぎると友達が激減したと感じることも! 女性は環境と共に人間関係や住む場所が大きく変わりやすいので、孤独な時期もあって当然です。
とはいえ、友達が少ない時期はさみしさを感じやすいですよね。そんな時を上手く乗り切るためにはどうしたらいいのでしょうか。

友達が減ったと感じたら?

1. 歳を取れば関係は戻ると心得て距離を置く

親友と言っていいほどの仲だったのに、どちらか一方の結婚や出産によって全く話が噛み合わなくなってしまう。女性同士ならよく起こることです。しっくりこない友達は、次に会うのもおっくうになり、メッセージのやりとりも面倒になりますよね。
そんな時は、一時的に距離を置くのも仕方ないこと。無理して喧嘩してしまうより、音信不通にならない程度に留めておいてもOK。女性同士は歳を取ると友達関係が戻ると言われていますから、ぼんやりとつながっておくだけでも充分です。
上手くやろうと考えるより、時には割り切って決断をしましょう。

2. 自分の目の前にある課題に没頭する

仲良くしていた友達グループだったのに、それぞれの環境ができてしまった。みんなで集まる予定も少なくなってさみしさを感じることもあるかもしれません。そんな時は、あなたの目の前にあることに集中する時期です。
仕事や恋愛、または家庭や育児のことなど、それぞれ目の前の課題があるはず。正反対の環境にいる友達を気にするよりも、自分が取り組むべきことに精一杯エネルギーを注ぐことが大切です。
月日はあっという間に過ぎるものですから、一人に感じる時ほど自分の時間に集中しましょう。そうした方が、後々満足するものです。

3. この際お一人さまを楽しむ

自分だけが違う環境になってしまった場合、今までの友達と話が合わず、浮いてしまうこともあるかもしれません。そんな時は、無理して馴染む努力をするより、お一人さま状態を楽しんでみることも一案です。
誰かに気を遣うこともなく、全て自分で決めることができるので、ある意味あなたらしさがハッキリしてくるというメリットもあります。他人のペースに巻き込まれず自由になれる時は貴重です。
新しい自分を発見できるチャンスだと思って、新しい行動を心がけて。

4. 境遇が似ている仲間を見つける

孤独だと思った時ほど、新しい出会いのチャンスがあるサイン。これまでの友達に注いでいたエネルギーは、次の人間関係に使うことができるのです。SNSなどを使えば、同じような生活環境の人や、趣味の話題で盛り上がれる相手が見つかるはずです。
共感できる相手ならば、たとえメッセージのやり取りだけでも充実します。無理するだけの友達は自然に淘汰されてゆくもの。逆に、考えていることが似ている相手とは、一緒に楽しんだり、時には相談できるなどプラスの関係でいられるでしょう。