コーヒー豆をブレンドせず、それぞれの味や香りを楽しむことができるシングルオリジンコーヒーを多数そろえている「丸山珈琲」。以前、シングルオリジンコーヒー専門店である表参道店をご紹介しました。生産者の想いを飲む人にも伝えたいとセミナーなども行い、コーヒーの魅力を堪能できる「丸山珈琲」では、コーヒーゼリーまでシングルオリジンで楽しめます。

香り比べも興味深い、シングルオリジンコーヒーゼリー

シングルオリジンコーヒーゼリー 3個セット / 1,701円(税込)

ほろ苦さの残るコーヒーゼリーは、コーヒー好きにはたまらない夏にぴったりのデザート。私はシロップなしでコーヒーフレッシュをトッピングすることが多いのですが、この「シングルオリジンコーヒーゼリー」はそのまま食べたくなります。

というのも、コーヒー同様、生産者ごとの味の違いや香りの違いも楽しむことができるからです。2014年から毎年発売されていて、毎回違う銘柄のコーヒー豆のゼリーが登場するので、今年はなにかなとワクワクしながら待つ人もいるそう。今年も味わいの違う3銘柄のゼリーが発売されました。

カリンガAB(ケニア)/ 567円(税込)※単品販売は店舗のみ

カリンガAB(ケニア)」は、ぶどう、カシス、グリオットチェリーの風味で、青梅やブルーベリーの香り。つるつるとした食感に黒糖のような甘さの後味が特徴です。

エルビオ・ブラボ 深煎り(コロンビア)/ 567円(税込)※単品販売は店舗のみ

エルビオ・ブラボ 深煎り(コロンビア)」は、レーズン、ダークチョコレート、アーモンドの風味。重厚感のあるなめらかな食感に、スパイスのような後味で食べ応えのある味わい。

トーニョ・バランテス エチオピア(コスタリカ)/ 567円(税込)※単品販売は店舗のみ

トーニョ・バランテス エチオピア(コスタリカ)」は、オレンジピール、アーモンド、ミルクチョコ風味で、なめらかな食感にスパイスやパイナップルを思わせる甘い余韻が特徴。

それぞれの特徴を伺うと、コーヒー豆が果実であることを改めて感じます。

食べ方にひと工夫して、より香りを楽しむ

シングルオリジンコーヒーゼリー 5個セット / 2,835円(税込)

コーヒーゼリーといえば、冷蔵庫で冷やして食べるのが一般的。でも、香りを楽しむには、冷蔵庫から出して少し常温に戻して食べると、より一層豊かなフレーバーを楽しむことができるそうです。香りを楽しみつつ、暑い日にはバニラアイスや生クリームを添えると、またおいしい。数通りの味わい方を試したくなります。

コーヒーゼリーは、店舗では1種類ずつ購入できますが、これだけ特徴が違うと食べ比べしたくなります。オンラインでは、3個セット、5個セットで購入できるので、ちょうどいいかもしれません。リフレッシュタイムに楽しむもよし、ちょっとしたギフトにしても喜ばれそうですね。

丸山珈琲