焼鳥店を出た吉田

写真拡大

 パワハラ問題で揺れる女子レスリング界で、6月17日、栄和人氏(58才)が至学館大学レスリング部の監督を電撃解任された。

 全日本選抜選手権の初日だった14日に謝罪会見を開いたが、カンペ棒読みで炎上。それからわずか3日後。大会中のセコンド入りを固辞する一方で、観客席でタレントの千原せいじ(48才)と談笑したり、会場外へ知人とランチに出かけたことが、同大学長の谷岡郁子氏(64才)の逆鱗に触れてしまった。

 しかも、会見当日の夜にキャバクラに行ったことを写真誌に報じられる始末。

 これまで頑なに擁護してきた学長は、「期待はずれでまったく反省していない」と呆れるばかり。後任としてあがった中には、栄氏の愛弟子でもある吉田沙保里(35才)の名前もあった。

「確かに、吉田さんは同大副学長で日本代表のコーチを兼任していますし、栄氏に代わって大会中セコンドについていました。後輩選手たちからも慕われています。でも、彼女はまだ“現役”の身。東京五輪への期待の声もありますし、一体どうするつもりなんでしょう」(スポーツ紙記者)

 栄氏が謝罪会見をした夜、背中まで伸びた赤茶色の明るいロングヘアを耳にかけ、キャップに黒いTシャツ、デニムに厚底サンダル姿の吉田は、東京・六本木にほど近い、超高級焼鳥店にいた。看板はなくお忍び感いっぱいの店内は、薄暗い照明の中ジャズが流れ大人の雰囲気が漂う。しかも吉田が入っていったのは個室。まさか意中のカレと!?――と思いきや、一緒にいたのは女友達2人。前菜からデザートまでのおまかせコースで、たっぷり4時間楽しんだ。

 店をあとにした彼女は、まっすぐ都内の高級タワーマンションにある自宅へ。

「実は吉田さん、昨年秋頃に東京にマンションを借りたんです。CMやテレビの仕事が増えたことが大きな理由。愛知と東京を行ったり来たりしていますが、最近はもっぱら東京です。とてもじゃないけど、五輪を目指す練習はできていないと思いますよ」(レスリング関係者)

 恩師は反面教師なのか、行動は品行方正だった。

※女性セブン2018年7月5日号