【アロマ占星術】6月21日、太陽が蟹座へ 好き嫌いの感情をアロマでサポートしよう

写真拡大

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

■太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 6月21日、双子座にいる太陽が「蟹座」に移動します。その後、7月23日までは、蟹座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマを紹介します。

■蟹座太陽期の特徴
【太陽の位置】蟹座(水のエレメント)
【期間】6月21日〜7月23日
【ポジティブなメンタル症状】共感力が高まる、無条件の愛を感じることができる
【ネガティブなメンタル症状】心配性になる、身内びいきになる

 蟹座が象徴するものは、「無条件の愛」と「家や家族」。心を許せる身内や近しい友人を大切にし、惜しみない愛情を注ぎ、世話を焼こうとします。

 その分、蟹座の特徴が悪いほうに働くと、愛情が過干渉や嫉妬になってしまったり、好き嫌いが強く出て、度が過ぎた身内びいきになってしまいがちです。

 特に今回の蟹座太陽期は、蟹座に入っている水星と太陽、蠍座にいる木星、魚座にいる海王星が、水の星座エリアでグランドトラインを描く配置。本来、この星回りは「愛と情緒に満ちあふれた幸運の大三角形」で、さまざまな形の愛情を感じられる素晴らしい配置ですが、その分、愛情の波に溺れてしまうことがでてくる可能性もあります。

 蟹座太陽期を感情の波に溺れることなく、素晴らしい愛の季節へしていけるよう、エレメント別アロマでサポートしていきましょう。

■牡羊座、獅子座、射手座(火のエレメント)……カモミール
 この時期の火のエレメントの人たちは、感情的に怒りを爆発させるということが起こりやすくなります。蟹座的情緒の影響で、衝動的な強いジェラシーに悩まされたりもしがち。蟹座の守護星である「月」の情緒をもっともサポートしてくれる「カモミール」を使ってみましょう。ウェットな感情となじみやすくなって、蟹座的包容力を体得することができます。お風呂に入れたり、ハーブティーにするなど、リラックスタイムに取り入れてみて。

■牡牛座、乙女座、山羊座(地のエレメント)……クラリセージ
 普段はドライで理性的な地のエレメントの人たちですが、この時期は、感情的に落ち込みやすくなったり、心配症になってしまいます。特に子どもや部下などの、守り育てたい相手にほど、その感情が強くなりがちに。蟹座太陽期の保護し、育む力をサポートする「クラリセージ」を使ってみましょう。クラリセージはホルモンバランスの調整も助けてくれるアロマです。就寝前に香りをかいで、気に病んでいることはその日のうちに手放すことを心がけて。

■双子座、天秤座、水瓶座(風のエレメント)……グレープフルーツ
 広く平等な愛情をもつ風のエレメントの人たちにとっては、蟹座太陽期の一途なエネルギーはちょっとなじみづらい印象。ジメジメした梅雨どきの気候も手伝って、気持ちがふさぎがちになります。さわやかでハッピーな気持ちを届けてくれる「グレープフルーツ」を使ってみましょう。一見閉鎖的にみえる一途な愛情を、前向きに受け取れるようになります。さりげなく香りを取り入れられるよう、精製水で希釈して、ルームスプレーを作るのがオススメ。

■蟹座、蠍座、魚座(水のエレメント)……タンジェリン
 水のエレメントの人たちにとっては、蟹座太陽期のエネルギーはなじみやすく、使いやすい性質のもの。蟹座が持つ愛情深さや共感力をよりハッピーに体現できるよう、太陽のアロマ「タンジェリン」を使ってみましょう。愛情深さゆえに起こる、過干渉や心配しすぎなどを防いでくれる効果も期待できます。いつでも香りを楽しめるよう、ハンカチやアロマペンダントなどにオイルを染み込ませて携帯するのがオススメです。

 蟹座太陽期の影響は、太陽が獅子座に移動する7月23日まで続きます。真夏の熱い太陽をハッピーな気持ちで迎えられるよう、サポートアロマで、ふさぎがちになる梅雨どきも快適に過ごしていきましょう。
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock