岩田華怜

写真拡大

 AKB48の元メンバーで女優の岩田華怜につきまとったとして、警視庁が19日、ストーカー規制法違反の疑いで、職業不詳の42歳の男を逮捕したことを、各メディアが報じた。

 報道をまとめると、逮捕容疑は17年4月に警視庁から同法に基づく警告を受けたにもかかわらず、今年4月に岩田が出演する舞台の会場に押し掛けるなどした疑い。

 容疑者の男は12年ごろから、岩田にファンレターを送付。握手会でプロポーズし、事務所から来場を拒否されたこともあったという。容疑者は「逮捕状の内容には事実もあるし、事実でないところもある」と供述しているという。

 「AKBは握手会を頻繁に開催しているが、中には今回逮捕された男のように“暴走”してしまうケースもある。ただし、大半のファンは劇場公演や握手会を出入り禁止にされることを恐れ、秩序を守って推しメンに接している」(アイドル誌ライター)

 しかし、いずれメンバーたちもAKBを卒業することに。そうなると、今度はセキュリティーの問題が発生してしまうというのだ。

 「岩田の所属事務所は大手だからまだマシだったかもしれないが、小さい事務所だとろくにマネジャーすら現場に行かない場合が多い。そうなると、移動の際も悪質なファンに付きまとわれてしまうことになる。岩田の事件は氷山の一角で、今後も同じような事件が発覚するのでは」(同前)

 岩田は同日、ツイッターを更新。「一緒に闘ってくれたファンのみんな、苦しい思いをさせたね。それでも一緒にいてくれてありがとう。私は大丈夫です」とつづったが、男の逮捕に胸をなで下ろしているに違いない。