三井アウトレットパーク横浜ベイサイドがリニューアル - 2020年春開業予定、店舗数を約150に拡充

写真拡大

三井アウトレットパーク横浜ベイサイドがリニューアル。2018年9月2日(日)より一時閉館、12月3日(月)より着工し、2020年春の開業を予定している。

国内外ブランド充実、約150店舗が入居へ

日本初の本格アウトレットとして、1998年のオープン以来多くの来館者を迎えてきた三井アウトレットパーク横浜ベイサイド。今回の建て替えリニューアルでは、2018年現在80の店舗数を約150まで拡充予定。国内外のファッションブランド、セレクトショップ、スポーツ&アウトドアなど、幅広いブランドをより一層充実させることで、幅広い世代の人々が楽しめる施設へと生まれ変わらせる。

デザインコンセプトは“NEW MARINA LIFE”

建物のデザインコンセプトは“NEW MARINA LIFE”と設定。買い物に限らず、散歩、ジョギング、海や船の並ぶ景色を眺めながらの食事など、あらゆるシーンで楽しめる憩いの場としての施設づくりを目指す。施設中央には、イベント広場としても機能する約2,000 屬涼翊蹐鯒枌嵳縦蝓7物内外装は、解放感溢れる白を基調とし、心温まるようなライトブラウン、そして海に映えるネイビーを随所に採用する。

【詳細】
三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド(仮称)
開業予定:2020年春(予定)
住所:神奈川県横浜市金沢区白帆5-2
敷地面積:約32,000平方メートル
規模:地上3階建て
店舗数:約150店舗(予定)


[写真付きで読む]三井アウトレットパーク横浜ベイサイドがリニューアル - 2020年春開業予定、店舗数を約150に拡充

外部サイト

  • 西日本最大級のショッピングセンター「阪急西宮ガーデンズ」リニューアル、約75店舗が改装・出店
  • 「鳥栖プレミアム・アウトレット」拡大リニューアル、19年秋・九州最大アウトレットが約165店へ
  • セントレアに新商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」ボーイング787初号機展示、日本初グルメなど