地元民に人気の京都の居酒屋とは?
お酒もアテもおいしい!京都でおすすめの隠れ家居酒屋3軒

京都で飲むならこんなところがいい!鉄板焼きにおでん、和食まで、お酒もアテもおいしい地元民に人気の居酒屋3軒をご紹介します。

1.〈おでんと釡飯 ムロ〉/四条大宮

大鍋でコトコト煮込むおでんは、常時30〜40種。

〈おでんと釡飯 ムロ〉のカウンターはライブ感満点。おでんは玉子180円など良心価格。

あっさりしつつ深い旨みのダシが染み込み、日本酒を誘う。クリームソースで味わうトマトおでんなど変わりダネも。

「アサリの柚子バター釡飯」950円など、おでんダシで炊き上げる釡飯をシメに。全国の地酒(小)500円〜。

2.〈鉄板とお酒 宗や〉/寺町松原

元は焼芋屋さんだった築100年の京町家を改装。

看板メニューは、「九条ネギとアギ」650円など素材重視の鉄板焼き。凍らせた焼酎のシャリキンサワー550円や、ショーケースから選べる日本酒やワインと一緒に楽しんで。「牛すじと大根の煮込み」550円(各税込)も名作。

3.〈めいてい〉/四条河原町

カウンターに立つのは、祇園の名割烹〈千花〉で12年間勤め上げた太田充俊さん。滋味深いダシなど端正な和食の技が込められた品々が、アテとして気軽に味わえる。

「鴨味噌」「カレイ煮付け」各700円、日本酒1合750円〜(各税込)。オープン時間が早めなので、フライング飲みにもぜひ。

(Hanako1154号掲載/photo : Makoto Ito text : Aya Honjo)