出典: https://www.shutterstock.com/

一緒にいるとやたらとケンカが絶えないカップルっていますよね。どうしてケンカになるのか……その理由は生年月日にあるのかもしれません。そこで今回は、『数秘術』を用いて“ケンカになりやすい相手”をみてみましょう。

数秘術とは、生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

(例)1980年3月14日→生まれ年1+9+8+0=18、1+8=9、生まれ月の3はそのまま、生まれ日1+4=5、全部合わせて9+3+5=17、1+7=8、よって、1980年3月14日生まれの人のナンバーは“8”です。

 

■ナンバー1・8のタイプ…どちらも譲らない相手ならぶつかり合う

1と8の数字のあなたは、相手が譲ってくれるタイプでないとケンカが絶えないかもしれません。適度に受け流すということができないので、いつも口論になりそう。

1の人は何でも包み隠さずストレートに口にする性格。8の人の歯に衣着せぬ物言いにカチンとくることも少なくないでしょう。

8の人は言いたいことはハッキリ言う性格の持ち主。1の人のやや自己中心的なところを指摘したくなるようです。それがケンカの火種になることも。

 

■ナンバー2・9のタイプ…自分の意見を口に出さない相手にイライラ

2と9の数字のあなたは、言いたいことをガマンする傾向が。そのため、自分の意見を口に出さない相手と付き合うと、相手の気持ちを深読みしてイライラしてしまうでしょう。

2の人は、慎み深く相手の気持ちを大切にする性格。対して、9の人も自分のことよりも相手を尊重する傾向が。何を考えているのかお互い分からず、歯がゆい気持ちになりそう。

9の人は誰からも愛されたい平和主義者。2の人は好きな人から嫌われたくないタイプ。そんな二人が付き合うと、遠慮ばかりして何も発展せずイライラしてしまいそう。

 

■ナンバー3・5・6のタイプ…自分と似た相手にイラっとする傾向が

3と5と6の数字のあなたは、自分の話ばかりする人と付き合うと衝突してしまうようです。お互いが言いたいことを言い合うので、収拾がつかなくなることも。

3の人は、同じ3の人のいい加減で口達者なところが嫌いになってしまいそう。自分の欠点を相手に見てしまい、罪悪感にも似た嫌悪感を覚えそうです。

5の人は目的のためなら手段を択ばない強さを持っています。一方、6の人はその本心を聞き出そうとしてくるため、5の人が不愉快に感じてしまいがち。

そして、何事もオープンにホンネで話し合いたい6の人は、5の人の野心やギラつきが苦手かもしれません。何だか自分が卑屈になってしまうようです。

 

■ナンバー4・7のタイプ…感性の違いからケンカになることが多い

4と7の数字のあなたは、感性を大切にするタイプ。価値観や感覚が合わないと、すれ違いからケンカになってしまいがち。表立って衝突はしませんが、“冷戦”が続くでしょう。

4の人は、いつもパートナーには褒められたいタイプ。7の人の“皆まで言わずともわかる”という精神に、寂しさを感じてヒステリックになることもしばしば。

7の人は、恋人にロマンチックな感性を求めるタイプ。4の人の自信家なところが、どうも鼻についてしまうようです。結果、それが元でケンカになってしまいそう。

 

古くから、生年月日にはその人“固有のパワー”が宿っていると信じられてきました。

そして、そこから様々なことを知ることができるとされたため、自分の生年月日を教えることは、弱点を晒すことに等しいとまで言われたそうです。そんな生年月日占いを上手に活用して、自分自身や相手のことをもっと深くまで知ってみてはいかがでしょうか。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ Roman Samborskyi/shutterstock

【関連記事】

背筋がゾッとした!「振った男」から届いた痛すぎる勘違いLINE

ショックすぎる…「セフレ男」から届いた無情LINE

浮かれすぎ!不倫男の「どスケベLINE」をこっそり覗き見

きっついわ!男が「おばさん認定」する残念LINE

急かしちゃダメ…「長続きするカップル」のLINE

日本から一番近い南の島へ!女子2人がサイパンマラソンを体験!【PR】