林間に整備された道沿いにも鮮やかなアジサイが。6月中旬から次々と満開になる

写真拡大

標高250mの大辻山(大分県豊後大野市)は、6月になると登山道にアジサイが咲き乱れる。特に山頂付近にある「大辻公園 アジサイ園」は見ごたえあり!

【写真を見る】風光明媚な山頂の広場。アジサイ、ツツジ、市街地の眺望と3つが重なる、まさに絶景だ

1988(昭和63)年にアジサイの植栽がはじまり、今では約3000株が観賞できる名所となった。

アジサイは登山道、山頂手前の「アジサイ園」内、ツツジも咲く山頂の史跡群で見られ、初夏の訪れを随所で感じられるのがいい。車で気軽に行けるのもうれしいポイント。

同地は安土桃山時代から江戸時代初期にかけて造られた墓碑や石塔群、中世の墓といわれる円墳状の盛り土など豊後大野市指定の史跡が多く残る場所。歴史情緒に浸りながら散策が楽しめるのもこの場所ならではだ。

[紫陽花DATA]本数:約3000株 / 見頃:6月中旬〜7月上旬 / 品種:不明 / イベント:なし

[大辻公園 アジサイ園] 大分県豊後大野市三重町上田原2071 / 0974-22-1001(豊後大野市役所 商工観光課) / 終日開放 / 無休 / 約50台(無料) / 観覧無料 / 車=大分自動車道大分米良ICより約45分(九州ウォーカー・久保田学)