アメリカが国連人権理事会を離脱「イスラエルに執拗な偏見」と批判

ざっくり言うと

  • 米の国連大使は19日、米が国連人権理事会から離脱したと発表した
  • 同会にはイスラエルに対する「執拗な偏見」があり、加盟国は偽善的と批判
  • 人権侵害者の保護役、政治的偏見の巣窟となってきたとも述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング