明日(20日)にかけて、九州から近畿の太平洋側を中心に傘が全く役に立たないような非常に激しい雨が降り、大雨の恐れ。東海や関東も激しい雨に注意。

大雨に警戒

20日(水)にかけて、梅雨前線が西日本から東日本に延びるでしょう。前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になりそうです。九州から近畿は太平洋側を中心に非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。非常に激しい雨とは滝のようにゴーゴーと降る雨で、傘が全く役に立たないような降り方です。水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなることもあります。今回の雨で、平年6月ひと月分の雨量が一気に降ってしまう所もある予想ですので、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒して下さい。東海や関東もバケツをひっくり返したような激しい雨の降る所があり、注意が必要です。

各地の雨のピーク

【九州・四国】今夜から明日の午前中にかけてが雨のピークで、局地的にカミナリを伴って非常に激しい雨が降るでしょう。大雨による災害に警戒が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。
【近畿】明日の明け方から夕方にかけてが雨のピークとなるでしょう。非常に激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。6月18日の大阪府北部の地震により揺れの大きかった地域では、地盤が緩んでいる所があります。少ない雨でも土砂災害の発生する恐れもありますので十分注意して下さい。また、突風に伴い瓦・看板・ガラス・瓦礫の落下や、屋根のシートが飛ばされる等の恐れがあります。十分注意して下さい。
【東海・関東】明日の日中は所々に活発な雨雲や雷雲がかかるでしょう。広く本降りの雨で、沿岸部を中心に激しい雨の降る所もありそうです。