ある程度交際が長くなると、彼から「今日ウチ来ない?」なんて言われたりしますよね。

でも「彼氏に誘われたから何となく……」という理由で家に行ってしまうと、「こんなはずじゃなかったのに」と後悔することになるかもしれません。

そこで今回は「彼女を家に呼んだ時の男性の心理」についてご紹介します。

1、 正直夢みたい!

・「はじめて彼女がうちにきたときは、夢を見ているような気分だった(笑)。当時高2だったんだけれど、制服姿の彼女がすごくかわいかった」(21歳/男性/大学生)

普段生活している自分の部屋に彼女がいること自体、不思議な感じがするよう。いつもなら滞りなく会話ができていたのに、家だと急に緊張してしまい、気まずい空気が流れてしまうこともあるようです。

こちらは初々しさが感じられて微笑ましいですよね。

2、 親と鉢合わせしたくないわ……

・「親が仕事で遅くなる日にコッソリ彼女を呼んだから、『万が一親が帰ってきたら嫌だな』としか考えていなかったですね」(22歳/男性/大学生)

家に呼ぶ際に「今日親がいないから、遊びに来ない?」と誘う男子もいますよね。そのため「もし親が帰ってきたらどうしよう……」と内心ビクビクしている人も。

もし勝手に彼女を連れ込んでいることが母親にバレたら、あとでこっ酷く怒られること間違いなしですもんね。また彼女との馴れ初めや交際歴なども根掘り葉掘り聞かれるでしょう。

女性側も「非常識な彼女」と思われてしまう可能性があるので、両親がいない隙にお邪魔するのは遠慮するべきでしょう。

3、 エッチOKでしょ?

・「キスさえ数回しかしたことなかった彼氏の家に、学生のときにはじめて遊びに行きました。最初は普通にゲームをしていただけなのに、急にキスをして洋服を脱がせようとしてきて……。あのときはビックリしたし、いつもの彼じゃないと思った」(23歳/女性/受付)

「エッチはまだ早い」と思っている女性とは対照的に「付き合っているんだからOKでしょ?」と思う男性もいます。もちろん無理やりエッチに持っていこうとする男性が悪いのですが、安易に家に行ってしまうと自分が傷つくことにもなりかねません。

これをきっかけに別れることになってしまっては、お互いに後味も悪いですよね。

「彼とはまだプラトニックな関係でいたい」と思うのであれば、何か理由をつけてでも家には行かないほうが良いでしょう。

おわりに

密室になりたいと思う心理としては、少なからずキス以上のことを求めている場合が多いようです。

「私の彼は優しいから大丈夫!」なんて思わず、嫌なら断ることが大切でしょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)