食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo」では、数種類のスープが2週間ごとにメニューを変えて登場します。不動の人気の「オマール海老のビスク」だけは、例外で毎日楽しめますが、たった1日だけ、そのビスクも含めたすべてのスープがメニューから消える日があります。それは、「Curry Stock Tokyo」の日。

選りすぐりの8種類のカレーを堪能する1日

3回目の開催となる「Curry Stock Tokyo」。2018年は6月22日(金)に開催されるというから今からワクワクします。

豚トロのビンダルーカレー

当日は、8種類のカレーが並び、今年は西インド風カレー豚トロのビンダルーカレー」が新登場。酢とにんにくに漬け込むことで柔らかくなった豚肉、酸味と香辛料のバランスが良いカレーソース、爽やかなアクセントになる大葉をトッピングしたオリジナルのカレーは、いまの季節にぴったりです。

茄子と牛挽肉の辛くないキーマカレー

また、同じく新登場の「茄子と牛挽肉の辛くないキーマカレー」は、小さな子どもや辛いものが苦手な人におすすめ。辛くないのにカレーの風味をしっかりと楽しめるカレーなんだとか。

カレーの2種がけセット / 950円(税込)

こんなに種類があると選べない! という人のために、当日はカレーの2種がけもできるそう。これはぜひオーダーしたいですね。

また、昨年「Curry Stock Tokyo」に行かれた人はすでに期待されているかもしれませんが、今年も“サムシングイエロー(黄色いなにか)”を持って行くと、何かいいことがあるそうです。ぜひ、レジのスタッフに見せてくださいね。

週替わりで12種類。何度もおいしく楽しむ

でも、カレー好きにはたった1日ではものたりない…そんな声に応えるかのように、6月18日(月)から7月27日(金)の期間中「Soup Stock Tokyo」全店で毎週2種類・週替わりで計12種類のカレーを味わうことができます。この期間しか食べることのできない、冷たいカレーなどの特別なカレーも登場するというから毎週通ってしまいそうです。

瓶のビール / 680円(税込)

カレーとの相性抜群のオリジナルビール瓶のビール」と一緒に蒸し暑さを吹き飛ばすのもよさそう。なめらかな喉越しとコクのある、酵母の入った無濾過のビールをプラスすれば、ご褒美感もアップするはず。

暑い国の知恵と日本の食を絶妙に組み合わせて生まれたカレーメニュー。ストックはまだまだあるそうですが、チェーン展開できる量の材料の調達が難しいものもあり、大切に眠らせているのだとか。これからの新作も楽しみですね。

Curry Stock Tokyo
開催日時:2018年6月22日(金)、各店舗の開店時間〜閉店時間
場所:Soup Stock Tokyo全店(家で食べるスープストックトーキョー、also Soup Stock Tokyo、おだし東京 を除く)