「女将のいる東京駅の隠れ家」が店のコンセプト。宮大工が作ったという店内は、一枚板のコの字カウンターが印象的。

ごはん処 為御菜(最寄駅:東京駅)

丁寧に作られたほっとする味わいの家庭料理と日本酒に舌鼓

掘りごたつ式でよりくつろげる。8名まで利用できる個室もあり、接待などにも使いやすい。 カツオダシをベースとするホッとする家庭料理風なのだが、そこはやはりプロの料理。ゆっくりじっくり煮込んだりと、随所に技が感じられる。ひと皿のポーションが大きいので、いろいろと楽しむなら3人以上で行くことをオススメする。

選べるおばんざいの4種盛り

6〜8種類ほど揃う「本日のおばんざい」は選択可能。写真奥の「豚バラ肉のやわらか煮」は、じっくり煮含められていて身はジューシー、脂はプルプルと柔らかい

(昼)鯖味噌定食

昼夜共に人気の鯖味噌煮は、2種類の赤味噌をブレンドしたコクと風味が楽しめる逸品。サバは骨が柔らかくなるまで煮込まれている。ランチのご飯はお代わり無料なのもうれしい

我が家の肉じゃが

大きくカットされたホクホクの男爵いもに、国産牛バラの旨みがじんわりと染み込む定番メニュー

お店からの一言

女将 白石美奈子さん

「温かな家庭料理でくつろぎながら一献どうぞ」

ごはん処 為御菜

[住所]東京都千代田区丸の内1-9-1 グラングルメ地下1階 [TEL]03-3287-3881 [営業時間]11時〜23時(ランチ14時半LO、土・日・祝15時LO、ディナー22時LO)※12月31日11時〜19時、1月1日〜3日11時〜22時 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]計40席/14時以降全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲地下北口改札から徒歩3分